2016y07m28d_172012958

天気予報のウェザー・サービスが破産申請、人件費が重くのしかかる

2016y07m28d_1720129582016y07m28d_172023037

 

 

 

事業を継続するって、難しい。

なんか、寂しいなぁ。

 

明らかに隙間産業なのに、勘違いして、固定費(主に人件費)を巨大化して失速墜落してしまったのが主因。もっとスリムに運営していくべきだった。東京商工リサーチが破産申請したらどうなる?

 

・・・設立から18年か
経営陣~社員が
いつまでも「ベンチャー企業」特有の経営の甘さから
卒業できなかったのかな?

 

 

近年は官公庁関連での開発案件の増加などにより受注消化に向けた体制強化を進めたが、労務費増加で利益は悪化

官公庁からの開発なんて、奴らはよくわかってないからかなりいい値段で発注もらえるのに受注消化出来ないで人件費が圧迫・・・・
この会社、営業と開発が連携してないダメ会社じゃん

 

中小企業は会社設立してから10年以内に倒産する確率は90%以上ですからね。難しいのだよ、安定して会社を経営させていくというのは

出来ない事を何とかなると思って受注したんじゃないかな
中小企業はそういう無理したことをやらなければ仕事が続かなかったりするから
だから気合だ根性だ言ってブラックになる

 

ウェザーニューズとは違うんだね

 

国内向け気象情報サービスを展開するために、各地の気象情報データを集めてくることが必要なわけだが、そのための情報インフラや情報ネットワークの投資が馬鹿みたいに必要になってくる。
大手ならば株式市場から資金調達などを行うこともできるし、中小はそれができないからね。

 

てっきり石原良純が、天気予報外したせいかと思ったぜ!!ww

 

ウェザーニューズも千葉(幕張)だよな。

 

気象情報で利益を上げるのは難しいのかな?
各テレビ局で気象情報は放送しているから、難しいと想像
します。

 

気象庁の予報を民間が上回ることができるのかでしょうね。

予報の精度自体はどこも似たり寄ったりだと思います。
独自性を持たせるために予報+αを提供するという意味では、ウェザーニューズみたいに利用者がリアルタイムな情報を提供してゲリラ豪雨にも対応するのは当時凄いと思いました。

 

まさにここYahoo!が何でも手掛けちゃってるからね

 

まあでも老いも若きもネットやらない人は想像以上にたくさんいるからな。

テレビや新聞も大事よ。

 

官公庁から仕事を受けてるのに倒産するなんてある意味凄い
ちょっとずさん過ぎる会社だったんだと思うけど。
官公庁から依頼される開発案件なんてほんと凄いよ。
予算なんてバカスカ出るし

気象情報会社の得意先がテレビや官公庁なんだけどねw

 

テレビ局で流してない気象情報で稼いでいるんだけどなぁ

高速道路会社に対しどこで豪雨や積雪がありそうとか
海運だと天気や波、流氷の状況を伝えたり
イベント会社に対してピンポイントの予測や
中止有無(特に今の時期は花火大会)の判断の材料になったり

各国気象庁のデータ+自社設置観測データ
(+ウェザーニューズはサポーターの天気投稿)なので
精度は気象庁よりも高くなる

 

>(民間の天気予報会社の)予報の精度自体はどこも似たり寄ったりだと思います。
いや、全然違うと思う。特に2日後の天気予報となってくると、各社全然異なってくる。

>官公庁から仕事を受けてるのに倒産するなんてある意味凄い
そっか? 官公庁からの受注って利益出せないことも多いよ。

 

* | 2016/07/28 11:56 さんも書かれてますが、
電力会社なんてのも、ダムの天気を詳細に知りたいわけで、ウェザーニューズなどはその向けのデータコンテンツも持っているわけで。鉄道会社も鉄道気象が必要。港湾も海上気象ね。

でもやはり、海運会社・航空会社向けの航海気象・航空気象情報提供が一番の稼ぎネタで、俺なんかは海運の状況なんかを見てウェザーニューズに投資していたりした(天気予報会社なんて世界経済と大きくつながっているわけ)。どの航路を通れば、少ない燃料で船を出せるのかという情報は非常に価値があるわけだ。

そのために、世界中に子会社を設立し衛星を持ったり観測船を持ったり、巨額の設備投資資金が必要になってくる。

 

TV局やYahoo!なんてのは、天気を予測する能力なんて全くのゼロなんだから、天気予報会社のウェザーマップなどから予報情報を買っているわけで。

TV局に気象予報士がいる? あんなのは素人のようなもんだからねえ。

 

残念じゃ
精度が良くてよく見てたのに

 

このサービスにいくらまでなら金を払えるか?
それを考えれば自明ですよ

 

台風の進路予想なら米軍予報で事足ります!

 

民間気象会社は地方も含めると20以上もある。規制緩和がもたらしたのか知らんが、どっちにしても競争が激しくなっていたことは確かだ。

 

知名度アップをもっとやった方が良かったのかなと思った。

良い情報をありがとうございました。

 

ウェザーニュースとは違う会社だよね?

 

そうそう、事業を拡張できればいいってもんじゃないよなあ。人件費じゃなんじゃのとリスクが出てくる。利益になってこそやよなあ。

 

テレビで情報がありそちらの方が需要が多いですね。

残念ですね。

 

こういうサービスは大手以外は難しいだろうよ。

 

ここって毎回のようにハローワークで求人募集してた。
気象予報士の資格持ってるけどブラックっぽいから応募しなかったけど。
今にしてみればブラックじゃなくても正解だったか。

 

今後もインターネット関連での同様な破産は増えるんだろうな。

 

ネット関連でなくても同様。
淘汰の嵐。

 

今の社会・世の中って人もそうだけど「優良だけど真面目」な企業には生き残るのが困難なのかもね。

 

正直者が馬鹿を見る・・・
ブラック、グレーがしたたかに生き延びる
むしろ濡れ手で粟か・・・

 

かわいいお姉さん達はどうなるの(´;ω;`)
今まで本当にお世話になりました。
あの東北大地震の時でもスマホで見てました。
今まで本当にありがとうございました。
(;_;)/~~~

 

ウェザーニュースとは違う会社だから、お姉さんたち大丈夫だから安心せいや。

 

IT業界は変化が速い。開発費もほとんどが人件費。パーとなると後は何も残らない。難しい事業だ。

 

これは驚き

 

時代の風は読めなかったか
あると思います

 

事業拡大が裏目に出たってことか。

 

>開発案件の増加などにより受注消化に向けた体制強化を進めたが、労務費増加で利益は悪化

これって安く仕事を受けてたってこと?

 

「体制強化」って言葉から、開発要員として正社員を増やしすぎたけどパッタリと仕事がなくなって空き要員を抱える分赤字になったんだと推測しました。
派遣や外注で大手から仕事をもらう小さいソフトウェアハウスだとよくある話。

 

スタッフ増やしたけど増やし過ぎたって事だろうな。ソフト屋が難儀する所だな。だから派遣請負とか手軽な方向の調達に走りやすいんだよな。

 

無料でやってるところが付加価値付けたら誰も有料のところは使用しなくなるもんね。。一瞬、ウェザーニュース かと思ってびっくりした

 

びっくりさせることを狙って勘違いを導き出すような記事の書き方しているよね。狡猾というかセコイというか。間違えて株売っちゃった人もいるんじゃない?

 

残念だね、こういうところが潰れるとは・・・。

 

ってことは給料高すぎたんだな
優秀な人集めするには給料高くしないと来ないし逃げてくし大変だよね。

 

どこも支援、買い取りをしないとなると先細りが見えてたのかな?

 

その程度の会社だったんだろうな。
経営陣の采配ミスだろう。
従業員の頑張りだけでなんとか持ちこたえてたのかもしれない。

 

天気のことはいいとしても、このような会社が潰れるっていうことは、この先の景気が不安になる。どうも雲行きが怪しい? 折りたたみ傘すらないけどどうするよ・・・

 

2,000万程度の赤字で破産とは、なんとかならなかったのかね。ドコモが買い取るとか。
通信キャリアにとって2000万とか屁みたいな金額。
それでドコモが独自の天気情報サービスを無償提供しても、全然元が取れると思うんだが、、
異常気象も多いし、気象提供サービスは今後伸びると思うけどな。よくわからんな。

 

ドコモは2000万投じて延命するよりよそに切り替えたほうが早くて安い。

 

で、今後どこが地域の行政に防災情報を提供するのでしょうか?

 

つまり役所向けの仕事はいっぱい取れたけど、お代をいただく前に資金ショートってこと??
仕事取ればいいって物じゃないんですね。よい財務アドバイザーがいれば良かったのでしょうが・・・。

 

工事関係者ですが大胆に精度よく予報してたので残念です。

 

単純に人件費をかけすぎただけのような気がします。社員を採用するなら計画的に!ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。