2016y07m31d_155408273

JR北海道の島田修社長が宗谷線や根室線富良野―新得間の運行を廃止にするかもしれないと話題に

2016y07m31d_1554082732016y07m31d_1554128222016y07m31d_155417215

 

バスでいいんじゃない。

今でも、北海道は高速バスが充実してるでしょう。
バス事業の場合、道路は行政が維持管理して、簡単な停留所があればいいわけですから、鉄道に比べて比較にならない程維持費が安いでしょう。
もう、JR北海道は、新千歳~札幌~小樽~函館 しか維持できないでしょう。

あっ、ひろ~い北海道を豪華客車で旅する企画なんてどうでしょう。ってもう遅いですね。

 

普段、クルマばかりで全然乗らない人間は文句言えまい。
JR北もボランティアしてる訳じゃ無し。
嫌なら第三セクターで自治体が面倒見るしかない。

 

 

北海道を最優先に新幹線を早期に着工させるか、国鉄にもどすべし。
北海道のローカル輸送を考えれば当然の結果だ。
北海道の人間だって、日本人なんだ。
普く公平なサービスをのぞんでいるのだ。
しかし、きょうまでよくも頑張ったぞ!JR北海道!

 

JR北の赤字はJRグループが補助してきたから

とはいえ、東京や関西圏や新幹線をかかえるJR3社と、人口過疎から赤字になってるJR四国北海道が公平なわけがない

 

ただ、JR北の経営安定化基金は年率3.5~4%で現状回ってまして、今現在の日本経済からするとこの年率は100%ありえない数字なんですよね。ということは既に国の補助金まみれになってるのが現状です。JR北海道、JR四国は基金益で赤字を頑張って相殺してるので実質国鉄と言ってもいいほど。

労働組合をぶっ壊す為に、4会社(東、東海、西、貨物)でなく、7会社化したって話もありますけど、経営面からすれば完全に無謀でしたね。
自分も北海道の人間ですけど、人口減も然ることながら、車所有者が多くなったりバスが安価で乗れたりと色々な要因が重なってこうなったように思えます。

 

とても残念です。北海道の鉄道の時代は終わりなのかね。
せめて、いまある釧網線や宗谷本線はなんとか全線残ってほしいけど。
そもそも、国鉄の民営化なんて北海道や四国には難しかったんだよな。
とても残念。

 

国が株主とはいえJR北海道は民間企業であり、利益を生み出し会社組織を維持するためにはやむを得ない流れです。地方の鉄道を維持するためには、一企業の努力だけでは限界がきているという事実に、自治体や国が真剣に向き合うべきです。その上で、鉄道は免許を持たない子どもやお年寄り、あるいはケガや病気、大雪などで運転できない時でも全ての人々が使える公共インフラであること、鉄道がなくなって発展した地域はないことを、もっと知っていただきたいと思います。「自分が乗らないから必要ない」という理論では、その地域すべてがダメになってしまいます。

 

民営化の時になぜ北海道と四国を独立させたのかっていうね。

 

30年前はまだ地方に活気があったからね。
でも予測はできたけどw

 

逆にこうなるのを予測して分けた可能性も有ります。もし、北海道がJR東日本の管轄だと、首都圏や新幹線であれだけ儲け有るのだからと、整理が進まない可能性も有ります。実際、3次まで有った国鉄の赤字ローカル線の廃止も色んな理由つけて思ったより進まなかった。

 

 

四国の事はよくわからず、片言の知識で申し訳ありませんが、北海道に関しては、各JRから“切り離された”という印象がぬぐえません。

何故か識者と呼ばれている方々も、JR北海道の実情については語りたがりません。

需要があるとわかっていながらも、JR東日本・西日本が北海道への長距離列車の運行を廃止したのも、その辺りに遠因があるのではないかと、個人的には想像しております。

日本国内でもずば抜けた「自然環境」という観光遺産を持ちながら、JR九州の様な積極的な観光列車戦略も立てない。

経営努力をしない(もしくは出来ない)ので、路線の維持もままならないのは、仕方のない事かもしれません。

国鉄末期の古き悪しき因習が色濃く漂っている。
そんな雰囲気を、JR北海道に感じております。

 

意地でもJR東日本だけは、民営化の成功例にする必要があったためだそうですよ。(JR東海は、事実上新幹線の運営会社で別格)

 

欲しいのは新幹線だけ
新幹線が通れば、後はイラネって事なんだろ

 

日本国内でもこんな状態なのに
車社会のアメリカの田舎に日本の鉄道を誘致って
難しいと良く思うよ。

 

↑皆さんの知見を疑います。 鉄路衰退は先進国共通の悩みです。欧州でも寝台列車の相次ぐ廃止で赤字縮小に四苦八苦。
過日、イタリアでの正面衝突もATSなどの設備投資ができなかったから。JR北海道を民営化しなければよかった、とは即ち損失を全国民の税金で負担する、ということ。 佐渡島や沖縄など島嶼には1mの鉄路もありません。 その住民にも負担させる、ということでしょうか。九州が比較的うまくいっているは
平均気温が高いからです。 一年で60℃もの温度差がある
北海道での保線と車両保守には想像以上の維持費が掛かります。
JR東に抱き合わせ、はJR東の株主を愚弄する暴論です。
採算が取れる路線に集中すべき、決断の時です。  

 

jr本州3社が倒産しない為の措置ですよ。

 

赤字の分は、山手線の運賃を値上げして、補填するべきなんだけど、何故に東と北海道をわけたのかね。

 

邪推ですが、国労の面々を北海道に集めたかったからかもしれません。

 

その代わり本州3社に旧国鉄債務を押し付けた。これでも無理して新幹線作るのかね

 

 

廃止。やむを得ないんじゃない。
それに住民は車だろ。

 

国鉄を小分けしすぎ。

 

>これでも無理して新幹線作るのかね

唯一、黒字が「期待できるかもしれない」路線だし…
所有する路線が全て赤字路線では、どうすることも出来ないですし…

 

分割するときにン千億円のお金も一緒に渡した。
それを上手く運用できたのが九州で、できなかったのが北海道。

 

中曽根政権の国労・動労潰しのためです…(>_<)

 

貨物と四国と北海道は元から経営基盤が弱いのを見越して、支援するための基金をつくり、負債も肩代わりさせなかった。
JR東海も新幹線無かったら、九州よりも下になるからな。
昨今のJRグループ間の分断化(乗り入れ列車の廃止、18きっぷ等の複数社間の共通化縮小など)が進んでるから、助ける気ないだろう。
そりゃ大都市圏と新幹線持ってる方がつよいにきまってら。

 

>なぜ北海道と四国を独立させたのかっていうね。
独立してもしなくても、赤字路線であることにかわりない。
JR北地区の路線の赤字を、他の地区の利益で補てんすればいいとも思えない。
JR+自治体でも支えきれない負担なら廃止するしかないのでは?

北海道四国九州各社1島1社は真っ先に決定。揉めたのは、本州の分割。

 

民営化の基本原理からいえば、北海道や四国はこの世に存在しない会社である。
が、しかし、沿線自治体や国の補助によって何とか生きているだけである。

ただ、国の根幹をなす交通インフラについては、政策的に守る必要がある。

どうやって守るかというと、ただ単に赤字事業を税金で補填するという従来のやり方ではなく、明治時代のように僻地開拓民として移り住んでくれれば、所得税を何割か免除しますみたいな特典付きの移民奨励政策が必要。

そうしないと、本当にどうしようもない田舎をつくって知らん顔していれば、中国なんかに買いたたかれて、いいようにされるだけになってしまう。

 

東京のドル箱路線を抱えるJR東や新幹線の東海を除けば、そんなに黒字な場所はないでしょ。
維持できないなら潰すか、国の補助のどちらかしかない。
ライフラインとして必要なら、線路の維持だけ国有化するとか、
車両はお下がりを使うとか、何らかの支援が欲しいね。

 

もともと赤字路線を潰していく
という流れで決まったことだよね
若い人は国鉄民営化知らないだろうけど

 

>つ「ゆいレール」

沖縄いったとき、電車がないと聞いてたからこのモノレールがあるのを知ったときびっくりしたよ。

 

他と抱き合わせて総体として黒字になっても、根本的な解決にはならないでしょう?

 

民営にするならNHKの方が先!
鉄道こそ国営にしておくべきだったよ!

 

貨物が使わない所はもう無理なのでしょう
トラック輸送を貨物にして利用数を延ばすか
線路をバスに変えて、冬でも走破できるようなバスを開発するかのような気がするな、殆ど利用しないのに鉄道維持とか意味がわからん

 

JR東日本だって、山手線と新幹線以外は赤字です。不動産業で赤字補填しているのです。不動産業が傾けば、路線廃止も浮上します。鉄道業は基本は儲からない業種なんです。JR北海道が存続するには、路線廃止と不動産業へのさらなる進出が必要です。

 

JR九州も本業の鉄道事業は近年まで赤字だったんじゃないっけ?
本業以外の儲けでやってきたっていう。
同じことが北海道や四国に出来たかっていうと解らんけどね。

 

暇な線路は、牛や豚や魚介類を運ぶのに使えばいいのにな。

JR貨物がずっとうまくいかなかったのは工夫が足らなかっただけだと思う。

長距離トラックは、居眠り運転手も多いんだから、貨物列車におまかせ!とかやればいいのに。

 

旅客でやるから不採算になる

ヨーロッパのように付加価値を付けて単価あげて観光列車を走らせればいいのに

北海道は自然という車窓から楽しめる武器があるのに移動手段でしか考えない時代は終わりだよ

 

経営安定化基金は「年7.3%」で運用できることを前提に金額が決定されて配られた。
その後の国の超低金利施策であっという間にこの仕組みは破綻している。
「年7.3%で運用できれば赤字を帳消しにできる」と言って国が仕組みを決めておきながら、それが不可能な金利施策にしたのも国。

 

東京圏はほとんど黒字だよ。
相模線みたいな少し地方の路線でも
若干赤字かな~レベル

ただJR東日本は膨大な東北の路線を持っているから。

 

>所得税を何割か免除しますみたいな特典付きの移民奨励政策が必要。

逆に東京都下のほうが国民健康保険料とか税金面などで安かったりするよね^^;

今後上下水道なんかは人口の減っていく地方では採算が苦しくなって値上げしていくだろうし、今の日本は明らかに地方切り捨て路線ですよね・・

 

新幹線札幌開通して間も無くか工事中にJR北海道そのものが消えると思います。

 

都市に集中するのは良いこと
田舎者は田中角栄に汚染され過ぎ

 

徳島なんて電車もないってな

 

北海道は単線の本線に単線の支線ばかり作りすぎ。
せめて幹線が複線だったらもう少しましだった。
いずれにしても四国、北海道は単独では無理。

 

昔の国鉄時代に戻せばいいのでは。やはりJRを6分割にしたのはどう見ても不公平だし北海道や四国にとっては無理がありますよ。せめて北海道と東日本が合併すれば廃止される区間も少なくなるでしょう。

 

北海道の現状を考えると、より経営環境の厳しいはずの四国がバス転換無しに路線維持出来てるのは奇跡に思えてくる。

 

JR北海道の経営陣は、現状の経営状態から<経営>を考えるだけだから!
<現状維持>というのが!<経営方針!>に成ってしまい、
従って!このような<先細りした結果>に成ってしまうのは、
<当然な結果>であろう。

つまり、本当に!経営センスが無い!わけです。

民営化には、国からの援助は無くなる!というデメリット面もあろうが<経営の自己裁量権、自由度は高まる!>というメリット面もあるわけだから!
九州よりは!常に高い!人気観光地である北海道の観光資源を活かした!<JR九州のような>アイデア観光列車を早い時期から!企画していれば!
民間の銀行、旅行会社、観光ホテルなどから<それなりの出資>が得られる可能性が高く!つまり<国の補助無しでも!>実現できる可能性が高く!そうなれば!

<観光収入>という道外からの需要が!<十分!見込める>ワケであり、この発想が無く!道内の輸送需要しか!見えないバカ!

 

JR東だって東北や南関東でも千葉に赤字路線を抱えてるからJR北は面倒みたくないだろうな…
北海道新幹線なんかまったく話題にならない
飛行機より高くて遅いて完全に企画の段階からおかしいだろ

 

まあどの会社にも言えるけど、JR北海道のように事故が多発されると困るので、どんなに苦しくても営業する以上は安全第一で無理のない体制でやってほしいもんだな。

 

地方は地方に住みかつ分散して住んでいるのが問題
青森のように、都心部などに集中させる政策をとるべきでしょう

 

独立させなかったほうが良かったという根拠が知りたい。

 

四国は廃線とか減便とかあんまり無いんじゃない?
民営化後も大きな変化は無いように思うけど。
やっぱり、気候と面積の違いが大きいのかな。

 

貨物は経営安定基金貰ってないよ。

 

国の人口が減ってんねんからそういう次元の問題ちゃう

 

電車ってのは輸送量が多い場所で使うためのもんなんだよ
少ない場所で維持しようって発想がそもそもの間違い

 

とはいえ車を運転できない人が移動手段を失うのでは社会インフラとして問題だろう。民営化のときの分社区分をもっとよく考えるべきだったのだろうが・・。

 

先進国にだって、車なしじゃ生活できない場所なんていくらでもある
その中に北海道の一部が加わるってだけだ

 

政府は『地方創成』を謳っているが、現実は逆行することばかり。

地方が廃れて無くなってからでは遅いのに。

 

遅いのではない。騙されているのに気づけ。

 

無くなってもいいではないか

 

点検記録の改ざんや重大事故ばかり起こしてるクソ会社。JR北海道自体廃止して、北海道の路線はすべてJR東日本が運行するようにしろ

 

お守りを東日本にしろってか笑笑

 

全区間赤字のJR北海道の運行をJR東日本が行うわけがない。

 

 

そもそも民営化が間違い。
儲かるところだけ民営化して、赤字のところだけ国営ですか?
おかしいでしょう。儲かるところも国営なら赤字補填もできますけど。

 

何千億円かの、熨斗を付けないの完全民営化したJR東日本が買う訳がない。さあ、その税金をどの国民が出す。

 

私もそう思います。
郵政もそうですが、公共サービスの中には単体では利益が出せない事業があります。よく考えずに民営化したといわれても仕方ないでしょう。この結果を生んだ国の責任は大きいですよ。
これで北海道の大半が廃止になれば、まさに「地方切り捨て」です。これがそうじゃなきゃ何なのか、日本を司っている人間に聞きたいですね。

完全に国営化して、税金から給料を出したりするとサービスの質が落ちるので、半官半民のような形にするのが良いのでは。

 

キロ当たり人数が少ないなどと抜かしてるけど、1日1本しか列車を走らせないでおいてどうやって数を出せというのか

 

単純に地図で分割民営化した能無し政治家が諸悪の根元だろ。
観光や地方の公共サービスという視点から考えればJR東や西や東海も一定の支援をすべきだろ。

 

また、元のようにくっつければという人もいますが、それで良いのでしょうか。黒字路線の人が余計に払って支えるのは変です。国として必要なら税金で賄うべきです。税金なら必要性が、国会で議論できて透明化されます。黒字路線にかぶせて不透明にすべきではありません。

 

俺は地方都市住みなんだけど、JRだと200円で行ける距離でも、バスだと320円掛かるんですよ。
様は、運賃を上げてでも列車本数を増やす事によって、利用客が増える路線も有るのではと思うのですよ。
昔、北海道に行った時、札幌からニセコに行くのにJR使いたかったんだけど、本数少なすぎて断念した事がありました。
利用者が少ないから列車本数減らすって負のスパイラルで、廃線ありきの経営をして来たとしか思えないのですよ。

 

200円が適正でないから廃線になる

 

北海道の廃止路線の廃止決定日を調べるとすぐ分かりますが、これだけ経営がやばいJR北よりも国鉄のほうがはるかに赤字路線廃止に積極的だったんですよ。赤字ローカル線の列車の本数だって、実は国鉄時代より増やしたところが多いんですよ。それだけやっても、利用客が1/10になった路線(沿線人口は別に1/10になったわけではない)がいくつも出ているのが北海道で、みんな本当に鉄道に乗りたがらないんですよ……。中標津や音更など、街から鉄道が廃止されてからのほうが発展したところもちょいちょいあるくらいですしね……。

 

北海道には「沖縄及び北方対策担当大臣」が居るだろう?

路線維持に存在感発揮してくれ?
(国家戦略として北の路線は必要だ!有事に武器弾薬の大量輸送手段)

沖縄には湯水の如く「税金注ぎこみ→北海道には雀の涙程に」

 

本当に、何の為に作った大臣ポストなんだか……って感じがします。

普段、どんな仕事をしてるんでしょうね。

 

バス並みに運賃を上げてでも本数を増やす……興味深い意見ですね。ただ、実際には「バスより高いうえに不便」という路線も多いのかな……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。