2020-0417厚生労働省は2020年3月、「平成30年国民健康・栄養調査」の報告書を発表した。それによると調査当日(特定の1日)において朝食を欠食した人は男性で13.9%・女性8.6%に達していることが分かった。朝食欠食率は男女ともに20代をピークとし、それ以降はおおよそ年上になるに連れて減る傾向がある。中期的な流れでは男女とも40代から50代で欠食率は増加している(【国民健康・栄養調査:調査一覧ページ】)。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事