スポンサーリンク

【体験談】ハウスメーカー担当と合わなかった私の注文住宅…

愛知県30代女性

2016年に新築一戸建て購入

 

マイホームを建てる時は、担当者を信じ過ぎないほうがいいかと思います。

 

私の営業担当の方の第一印象は大丈夫かなこの人?という印象でした。

少し天然気味といいますか…会話がたまに噛み合っていない時もありました。

ですが、分からない事は大体教えてくれましたし、何より建設費用がとても安かったのです。

予算内に収まるどころか、予算より安く建てれそうでした。

 

私が契約したハウスメーカーは、契約後は営業担当者から建設担当者にバトンタッチをします。

契約時に担当の方達と一緒に内容を確認していたら、おかしな点が出てきました。

 

契約時に

まず、普通の部屋に鍵がつけれると聞いてなかったのに、何故か2部屋だけ鍵をつける事になっていました。

たまたまその2部屋は子供部屋だったので、子供達も鍵を閉めたい気分の時もあるかなと思いそのままつけてもらう事になりました。

 

後は、水回りの細かい部分を選択出来たのですが、色々と違っていました。

例えば、洗面台の下の扉の取手が指定した物と違う物になっていました。

そして、お風呂のリモコンも選べたのですが、それも聞いていませんでした。

建設担当の方に聞いて、選べる事を知りました。

 

引き渡し前に

契約時に指摘をして確認したし、大丈夫だろうと思ってあまり建設中は見に行くこともしませんでした。

ですが、引渡し前の確認時に、またおかしな点が出てきました。

 

子供部屋の鍵をつけてもらう予定になっていたのに、ついていませんでした。

元々つける予定では無かったので、まぁいっかという事になりました。

洗面台の扉の取手も、指定した物と違う物になっていました。

そして、何故か台所の照明のコードが凄く長くて、上の方で束ねてありました。

 

引渡し日も近く、引渡し日が伸びてしまうのも嫌だったし、多少の事でしたし、私も主人も事を荒立てるのは好きではないので、全部妥協してしまいました。

 

ハウスメーカーや営業マンを変えてもらうのも一つの手

担当者を信じ過ぎないのが大事だと思います。

建設中は小まめに現地を見に行き、気になる点があれば担当者に確認した方がいいです。

引渡し前のチェックだとギリギリなので、引渡しが長引いてしまう可能性もあります。早めに対応してもらった方がいいです。

 

そして、妥協はしない方がいいと思います。

今思えば、契約時の書類をみせてちゃんと話しをしたら、直してもらえたかもしれません。今でも、思い出し後悔する事があります。

あとは、担当者とあまりにも合わないなと思えば、思い切って担当者を変えてもらうか、ハウスメーカーを変えるのも手かもしれません。

 

【関連】

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事