2018-1219JAF(社団法人日本自動車連盟)と警察庁は2018年12月19日、自家用乗用車などの利用者を対象に同年10月に実施した「シートベルト着用状況全国調査」の結果を発表した。それによると一般道路での運転者の着用率は前年比プラス0.2%ポイントの98.8%、高速道路などでは前年比プラス0.1%ポイントの99.6%と高い割合だったのに対し、後部座席はそれぞれ38.0%(プラス1.6%ポイント)・74.2%(マイナス0.2%ポイント)だったことが分かった。JAFなどでは運転者はもちろんのこと、後部座席をはじめとした同乗者にも自発的・積極的にシートベルトを着用するよう注意喚起をしている(【発表リリース:一般道路の後席シートベルト着用率は微増の38.0% 後席シートベルトの着用義務化から10年たった今も着用率は、ほぼ横ばい】)。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事