2020-0603内閣府は2020年5月21日、低年齢層のインターネットに関する利用実情を調査した結果【青少年のインターネット利用環境実態調査報告書】の詳細値を発表した。その内容によると、9歳以下の子供で構成される調査対象母集団においては、スマートフォンでインターネットを利用している子供の割合は3割強であることが分かった。携帯ゲーム機は1割台後半、タブレット型端末は1/4強が利用している。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事