2020-0610スマートフォンほど急激ではないものの、タブレット型端末も機動性の高い情報通信端末として確実にその普及率を高めつつある。パソコンとスマートフォンの中間的な立ち位置で、双方の利点を併せ持った特性から、かゆいところに手が届くとの評価を受け、重宝がられているようすもある。そのタブレット型端末に関して、9歳以下の子供達はどのような使い方をしているのか、内閣府が2020年4月20日に発表した、低年齢層のインターネットに関する利用実情を調査した結果報告書から、実態を確認していくことにする(【令和元年度版青少年のインターネット利用環境実態調査】)。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事