lo.jpg

1: しじみ ★ 2020/06/14(日) 19:55:51.08 ID:CAP_USER

→男性が女性より大きくなる理由は、「エストロゲン」という女性ホルモンにあった
→エストロゲンの分泌量のピークが女性で早く、男性で遅いことが成長期間の違いを生んでいた

人の平均身長は、世界各国で違いますが、どの社会でも男性が女性より大きくなる傾向が見られます。

こうした男女間の体格差は、暗黙の内に理解されていながら、その明確な理由は分かっていませんでした。

イギリスの著名な自然科学者であるチャールズ・ダーウィンは、1871年の著書『人間の由来』の中で、「男女間の体格差は、性淘汰が主な原因である」と述べています。

性淘汰とは、異性をめぐる争いを通して生じる進化のこと。

つまりダーウィンは、女性をめぐる争いの中で、体が大きく頑丈な男性が勝ち残り、その遺伝子が脈々と男性の子孫に受け継がれたと主張します。

しかし、米・ロードアイランド大学の最新研究により、まったく別の生物学的理由が浮上しました。

それによると、男女間の体格差は、「エストロゲン」という女性ホルモンが真の原因だったようです。

■女性の成長ピークが男性より数年早い

アメリカの統計によると、男女の成長速度は2歳からほぼ同じ曲線をたどり、どちらも13歳あたりで平均157センチに達していました。

しかしその後、女性の成長曲線は水平になり、最終的には平均162センチで停止。

一方の男性は、女性より数年間長く成長を続け、平均177センチまで達しました。

View post on imgur.com

研究主任のホリー・ダンズワース氏は「この傾向には性淘汰ではなく、エストロゲンの分泌量が関係している」と指摘します。

エストロゲンとは、男性では精巣、女性では卵巣で作られており、骨の成長に関与する女性ホルモンの一種です。

このエストロゲンの分泌量は、女性において思春期にピークを迎えます。エストロゲンが急増すると、「成長板」と呼ばれる部分(骨の成長が完全に止まるまで存在する)が成長を始めます。

女児が、男児よりも一足早く身体的成長を迎えるのは、卵巣でのエストロゲン分泌量が増えたからなのです。

■ピークを迎えると成長は止まる

ところが、エストロゲンの分泌量がピークに達すると、骨の成長は終わりを迎えます。そのため、女性の身体的成長は、思春期を過ぎると基本的にはストップするわけです。

ところが、男性の場合、エストロゲン分泌量のピークは女性より数年後に来るので、それまで骨は成長を続けます。また、男性におけるエストロゲンの分泌量が女性より少ないことも、骨格が大きくなりやすい要因でしょう。

それから、エストロゲンは、女性の骨盤が男性のそれより幅広になる理由の一つでもあります。(もう1つの理由は、妊娠中に胎盤で分泌される「リラキシン」というペプチドホルモンです)

View post on imgur.com

これらを踏まえ、ダンズワース氏は「ダーウィンの唱える性淘汰説がまったくの無関係とは言えませんが、エストロゲンが男女間の体格差の一因であることは間違いない」と話します。

つまり男性は、生物学的にガタイが良くなるようにできており、戦いの運命は初めから避けられなかったのかもしれません。

https://nazology.net/archives/62129

3: 名無しのひみつ 2020/06/14(日) 20:02:17.49 ID:+egnYt4f

種の起源にもいろいろ間違いある
91: 名無しのひみつ 2020/06/15(月) 00:06:03.04 ID:pWDRcF/1

>>3
ダーウィンの説は大昔のだしね。
現代は遥かに高度化してるからダーウィンの説とある程度の齟齬が出るのは当たり前だな。
8: 名無しのひみつ 2020/06/14(日) 20:12:46.97 ID:m3wQ6zr3

生態学的理由と
生理学的機構は別と考えないと

だったらエストロゲンの分泌増加をゆっくり増加にして
長期成長できる生物ならメスの方が大きくなるのか

哺乳類だとヒゲクジラはメスの方が大きく、
ハクジラはオスの方が大きい

129: 名無しのひみつ 2020/06/15(月) 12:32:18.46 ID:wbxwe7Nr

>>8
哺乳類ではブチハイエナもメスの方が体が大きく強く
群れでもオスより上位なんだよな
猛禽類もメスの方が大きい傾向にある
9: 名無しのひみつ 2020/06/14(日) 20:15:27.41 ID:ozvhrrDq

エストロゲンの分泌時期が遅くなるというのも、進化ではないのか?
11: 名無しのひみつ 2020/06/14(日) 20:17:48.03 ID:m3wQ6zr3

>>9
メスがさっさと成熟して子供を生涯に多数つくるより
メスが長く成長して毎回の子供を大きく産めるような体を作る方が
生き残れる生物

なら、エストロゲンの出方がゆっくりと増えるものが生き残るって
ホルモン分泌の観点からは述べることが出来るもんねえ

12: 名無しのひみつ 2020/06/14(日) 20:21:04.60 ID:ozvhrrDq

>>11
メカニズムが解明できたから進化ではないと言ってるようなものだよな
そのメカニズムを獲得することこそ進化であろうに
45: 名無しのひみつ 2020/06/14(日) 21:13:25.19 ID:LUODZFYL

>>12
だよな
読んでいて頭の中で「?」が出っぱなしだったわ
ダーウィンの説の反証が出てくるのかと思ったら最後まで出なかったしな
130: 名無しのひみつ 2020/06/15(月) 12:35:50.76 ID:yBY43sAN

>>12
エストロゲン分泌量のピークが遅い男の個体のほうが
体格が大きくなり子孫を残しやすかった・・・
に続くよな
64: 名無しのひみつ 2020/06/14(日) 22:02:31.53 ID:Yj8peCcF

>>9
俺もそう思う性淘汰によって「エストロゲンの分泌がより緩やかな身体が大きくなる男が子孫を残しやすかった」との取り方もできなくはない
90: 名無しのひみつ 2020/06/15(月) 00:03:51.19 ID:pWDRcF/1

>>9
淘汰の結果てはあるだろうが性淘汰の結果では無いって事だろ
156: 名無しのひみつ 2020/06/16(火) 07:07:17.44 ID:skbMBSAi

>>9
正解。
ダーウィン否定したくてたまらない連中がこの世にはおるからなあ
17: 名無しのひみつ 2020/06/14(日) 20:28:58.72 ID:XNWuClym

狭い名器の方がより多く子をなせるので繁殖に有利だっただけだろうな
2: 名無しのひみつ 2020/06/14(日) 19:58:00.73 ID:wP0/wVoC

食料は足りてるんでよりたくさん狩猟と農作業させるため
65: 名無しのひみつ 2020/06/14(日) 22:03:57.13 ID:ZpE3hZ8K

強くて狩猟に向いててそして体力がある男性が生き残ったとしてもそれは人類だけで、
例えば蜘蛛の一種は精子を受け取ったらオスは食べられてしまう。
人間も結婚制度という縛りで一生かけて食べられているのかも知れない(哲学
23: 名無しのひみつ 2020/06/14(日) 20:35:15.99 ID:UOc/pBFH

触り心地が柔らかく小さめのほうが自由な体位の選択の幅が生まれるので
自然淘汰でそのようなセレクトが種者選択された
22: 名無しのひみつ 2020/06/14(日) 20:34:53.70 ID:o4v/SmAy

自分にサバイバル知識を仕込んだ趣味人は小さいと回復しないって経験談語ってたな。まぁこの話は一分野としての理由の提示なんだろうけど。
成長が複数の要因が絡むのは今更ここで指摘するような記事じゃないだろうしな。
26: 名無しのひみつ 2020/06/14(日) 20:44:47.87 ID:ozvhrrDq

関節の堅さと肉の柔らかさは別なんだ・・・
体躯の堅さで垂れてるかどうか分かれば良いのに、ときに世界は厳しい現実を突き付ける
25: 名無しのひみつ 2020/06/14(日) 20:39:45.13 ID:jlX5IK2e

どっちも正しい様に思えるだが。
ダーウィンの説の否定になってなくね?
29: 名無しのひみつ 2020/06/14(日) 20:48:00.30 ID:5Nic7xSi

これがなんでダーウィンの理論への反証になるのか理解できない。
エストロゲンの分泌量が遺伝しないという話なら別だが。
38: 名無しのひみつ 2020/06/14(日) 21:03:35.78 ID:UuAeaTQC

ダーウィンの説は間違っていない。

「男女間の体格差は、性淘汰が主な原因である」。
その性淘汰の物質的具現化として、エストロゲンの分泌量のピークの性差異に顕れた。

精神疾患の原因が、イジメだったとしよう。
「精神疾患の原因は、イジメに対する脳の適応が主な原因である」。
そのイジメに対する脳の適応の物質的具現化として、脳内物質の分泌量の異常や脳の器質的変化に顕れた。

44: 名無しのひみつ 2020/06/14(日) 21:13:14.10 ID:FmwHiRQk

直接原因はわかったが、
ではなんでエストロゲンがピークを先に
むかえるようにできているのか?
という謎は残ったまま。
根本原因が解決したとは言い難い。

$(function(){
var c = 0;
if($("div.mtpro-tweet-outer").length){
var ad = "div.mtpro-tweet-outer"
}if($(".twitter-tweet").length){
var ad = ".twitter-tweet"
}if($("div.t_h").length){
var ad = "div.t_h"
}
$(ad).each(function() {
if (c !== 0) {
if(c == 4 ){
$(this).before('

');
}
else if(c == 8 ){
$(this).before('

');
}
else if(c == 12 ){
$(this).before('

');
}
else if (c >= 16 && c%4 == 0) {
$(this).before('

');
}
}
c++;
});
});

元スレ:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1592132151/

Source: 思考ちゃんねる

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事