2020-0611インターネットは多様な使い道ができる便利極まりないツールだが、同時に多分な危険性もはらんでいる。正しい使い方をしないと痛い目に会うのはどのような道具でも同じことだが、インターネットでは利用することに免許の類は必要なく、利用ハードルも低いため、リスクに触れる可能性も高いものとなる。保護者は自分の子供に対し、リスク回避のためにどのような取り組みをしているのだろうか。9歳以下の子供達の実情を、内閣府が2020年4月20日に発表した、低年齢層のインターネットに関する利用実情を調査した結果報告書から確認していくことにする(【令和元年度版青少年のインターネット利用環境実態調査】)。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事