fds5月17日(2020年)に投開票された小田原市長選で、接戦の末初当選した元神奈川県議会議員の守屋輝彦氏(53)が選挙期間中に選挙公報などで掲げた公約が「市民を騙すつもりでわざと記載したのではないか」と波紋を広げている。

続きを読む

Source: 銃とバッジは置いていけ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事