25.jpg

1: しじみ ★ 2020/08/14(金) 10:43:12.17 ID:CAP_USER9

View post on imgur.com

■『ラピュタ』と並ぶ17回目の放送

「となりのトットロ、トットロ~♪」

 軽快な主題歌でおなじみの、宮崎駿監督の長編アニメ『となりのトトロ』(1988年)が2年ぶりに地上波テレビで放映されます。放送日は2020年8月14日(金)、21時からの「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系)でのオンエアです。

 劇場公開時は興行的に苦戦した『となりのトトロ』ですが、1989年のテレビ放送をきっかけに人気に火がつき、スタジオジブリの代表作となりました。日本テレビ「金曜ロードSHOW!」枠での放送は、同じく宮崎監督作『天空の城ラピュタ』(1986年)と並ぶ17回目となります。

 物語の舞台となるのは、1950年代の埼玉県所沢市周辺。家の近くには雑木林があり、水田が広がっていた時代です。TVもゲームもありませんが、子供たちは家の手伝いに加え、庭先や近所で遊ぶのに熱中していて、忙しそうです。自然と文化がほどよく調和していた、懐かしさを覚える時代のファンタジー映画となっています。

■「夢だけど夢じゃない」特別な日々

 考古学者のお父さん(CV:糸井重里)と一緒に、姉のサツキ(CV:日高のり子)と妹のメイ(CV:坂本千夏)が郊外にある古い空き家に引っ越すところからお話は始まります。空き家に入った姉妹は、お父さんが「まっくろくろすけ」と子供のころに呼んでいた、ススの塊のような奇妙な生き物たちを見つけます。

 さらに好奇心旺盛なメイは、家の裏にある大きなクスノキの洞(うろ)のなかで、大きな大きなおばけに遭遇します。メイはこののほほんとしたおばけのことを、「トトロ」と名付けます。雨の日、サツキもバスの停留場でトトロと出会うことになります。

 お母さんは病気で入院しており、サツキもメイも寂しい思いをしていました。そんな姉妹は、不思議な力を持ったトトロとどんどん仲良くなっていきます。どうやら、トトロは子供にしか見えない存在のようです。トトロのお陰で、サツキいわく「夢だけど夢じゃない」、寂しいけど寂しくない日々を送るのでした。

(中略)

■スタジオジブリが否定した「都市伝説」

観た人にさまざまなイメージを喚起させる力が、『となりのトトロ』にはあるようです。映画の終盤、サツキとメイに影がないことから、「サツキとメイは死んでいる」「トトロは死神」などの都市伝説が広まったことがあります。2007年5月にスタジオジブリが公式サイトで都市伝説の内容を否定したことがニュースになったほどです。

 確かに『となりのトトロ』は、死の影を感じさせるところがあります。姉妹が引っ越した家は、結核患者が療養するのための物件だったという裏設定があったそうです。その人が亡くなったため、空き家となっていたのです。また、劇場公開時に同時上映されたのは、高畑勲監督の『火垂るの墓』(1988年)でした。『火垂るの墓』に登場する節子は、メイと同じ4歳でした。戦時中と戦後という時代の違いが、節子とメイの人生を大きく変えることになるのです。

 サツキとメイが元気いっぱいに明るく過ごすことで、逆に死の影も明確に浮かび上がります。『となりのトトロ』は、初夏から盛夏にかけての物語となっています。夏は生と死を強く感じさせる季節でもあります。おそらく小学6年生のサツキは、もうしばらくするとトトロの姿が見えなくなるのではないでしょうか。そして、やがてはメイもトトロとお別れすることになるでしょう。

『となりのトトロ』は、純粋だった幼年期の終わりを弔うための映画なのかもしれません。子供たちは『となりのトトロ』から、大人が忘れてしまったいろんなものを感じ取っているようです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/99563b4163be118ddb5f374f4a28238324ecf101

58: 名無しさん@恐縮です 2020/08/14(金) 11:05:25.91 ID:dsEl/fT10

想像するのは自由だろ
20: 名無しさん@恐縮です 2020/08/14(金) 10:50:45.45 ID:0DD9azgu0

メイのサンダル
7: 名無しさん@恐縮です 2020/08/14(金) 10:46:24.48 ID:ySx0dobI0

清太はすでに死んでいる
15: 名無しさん@恐縮です 2020/08/14(金) 10:48:49.04 ID:Aq4g6TzY0

ネコバスには死者しか乗れない
18: 名無しさん@恐縮です 2020/08/14(金) 10:50:32.20 ID:kUxdJXak0

オタクの悪い癖だな。
すぐ、穿った見方をしたがる。
6: 名無しさん@恐縮です 2020/08/14(金) 10:45:47.58 ID:byjjXuM/0

公式に否定してるのに
今だにワザと都市伝説流すのは
悪意を感じる
8: 名無しさん@恐縮です 2020/08/14(金) 10:46:31.87 ID:ryXTx6cn0

その設定のほうがしっくりくるから
公式の否定なんて無視して、それを公式にしよう
56: 名無しさん@恐縮です 2020/08/14(金) 11:04:57.03 ID:c7f0rRRz0

ドラえもんやサザエさんの最終回とか面白くないもなんともない都市伝説が語り継がれるのが嫌い
9: 名無しさん@恐縮です 2020/08/14(金) 10:46:34.09 ID:Km58iE6T0

1989年4月28日(金)
1990年3月30日(金)
1991年7月12日(金)
1994年7月15日(金)
1995年12月22日(金)
1998年6月26日(金)
2000年6月23日(金)
2002年8月2日(金)
2004年7月23日(金)
2006年7月28日(金)
2008年7月18日(金)
2010年7月23日(金)
2012年7月13日(金)
2014年7月11日(金)
2016年11月4日(金)
2018年8月17日(金)
2020年8月14日(金)←NEW!
83: 名無しさん@恐縮です 2020/08/14(金) 11:11:59.87 ID:SlivF7/30

>>9
2年ピッチか
135: 名無しさん@恐縮です 2020/08/14(金) 11:28:47.77 ID:yb5cjZmT0

>>9
もう100回くらいやったような気がしてたけど
まだこんだけしかやってないのか
139: 名無しさん@恐縮です 2020/08/14(金) 11:30:00.28 ID:EhAOK3fI0

>>135
二年に一度はやってるペースだぞ 十分だろw
159: 名無しさん@恐縮です 2020/08/14(金) 11:37:28.55 ID:Zda6wbB70

>>139
とある大学病院の待合室で一日中垂れ流してた事あって、…不評だったな

待ち時間長いからさ、大抵トトロ3周目の冒頭くらいで呼ばれる
待合室に響くメイの声は結構きついぞw

21: 名無しさん@恐縮です 2020/08/14(金) 10:51:32.62 ID:sdo5R7sT0

影を描き忘れたアニメーター涙目だろうな
28: 名無しさん@恐縮です 2020/08/14(金) 10:54:22.86 ID:7cpY1RIT0

遊星からの物体Xでもあったよね
単なる撮影ミスが憶測を呼んで公式設定扱いになりかけるパターン
29: 名無しさん@恐縮です 2020/08/14(金) 10:54:26.28 ID:heukXs540

こういう様々な解釈が可能な映画がオタクにとって良い映画らしい
逆に解釈の余地がない映画はクソ映画
杓子定規なこった
35: 名無しさん@恐縮です 2020/08/14(金) 10:56:36.04 ID:cMNF7NfL0

どっちかっていうとわざわざジブリに訊く奴の存在のほうが
都市伝説っぽいけどな
48: 名無しさん@恐縮です 2020/08/14(金) 11:02:28.63 ID:Aq4g6TzY0

暗喩を重ねまくる監督だから実は意識的に作ってても不思議ではない
意味を考えるほど楽しめなくなるのが宮崎アニメ
67: 名無しさん@恐縮です 2020/08/14(金) 11:09:28.16 ID:Qo6yEOWq0

宮崎作品は全部夢オチだと思えば良い

$(function(){
var c = 0;
if($("div.mtpro-tweet-outer").length){
var ad = "div.mtpro-tweet-outer"
}if($(".twitter-tweet").length){
var ad = ".twitter-tweet"
}if($("div.t_h").length){
var ad = "div.t_h"
}
$(ad).each(function() {
if (c !== 0) {
if(c == 4 ){
$(this).before('

');
}
else if(c == 8 ){
$(this).before('

');
}
else if(c == 12 ){
$(this).before('

');
}
else if (c >= 16 && c%4 == 0) {
$(this).before('

');
}
}
c++;
});
});

元スレ:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1597369392/

Source: 思考ちゃんねる

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事