2020-08062018年時点における全世帯の平均世帯所得は552.3万円であることは、先日【世帯あたりの平均所得金額推移をグラフ化してみる】で解説した通り。その根拠となった、厚生労働省が2020年7月17日に発表した令和元年版(2019年版)の「国民生活基礎調査の概況」には公開データベースのe-Statにおいて、多様なタイプの世帯における世帯所得などの経年動向が収録されている。そこで今回は高齢者世帯や母子世帯など、所得面で留意すべき対象の世帯にスポットライトを当て、その動向を確認していくことにする(【発表ページ:令和元年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事