昨今、SNSの発達で様々なビジネスにおいてインフルエンサービジネスという言葉を聞く。

これらは街場の小さな不動産屋にはフィットするのだろうか?

スポンサーリンク

小さな不動産屋でも武器となりうると思う

まず、私は一人不動産屋だが、このインフルエンサービジネスは全く取り組む気はない。

(できるできないは別として)

ツイッターもインスタもやっていないし、ファイスブックの個人アカウントも独立後に削除した。

だが、このインフルエンサーがいる不動産屋というのは小さくても非常に強いのは間違いない。

その個人に対してお客様がやってくるため、集客力はすごいと予想できる。

まして、ある程度のことがわかったうえで指名でやってくるのだから、信頼もあついだろう。

インフルエンサーになりうる施策とうのは私はわからないが、そのあたりに長けた20代の人たちなどには強力な武器となりうるはずだ。

スポンサーリンク

不動産営業マンにとっても武器に

大手の不動産会社の営業マンが個人としてインフルエンサーとなるのは、様々なしばりがあるため難しいだろう。

だが、街場の不動産屋の営業マンにとっては大きなチャンスとなりえると考える。

個人としてある程度有名となることができれば、会社としても非常に強みとなる。

  • 仲介ならお客様
  • 管理業なら大家さん
  • 投資仲介なら投資家

これらの集客が望めるのではないだろうか?

SNSの世界である程度有名となることが難しいのかもしれない。

それらの施策にたけた世代が今後はどんどん社会に進出してくる。

不動産業界だけではなく、あらゆる業界の営業マンの戦略としてSNSは今後も大きく利用されていきそうだ。

私はこういったことは性格的にはできないが、今後の動向には注目していき、離されすぎない距離感でついていこうと思う。

The post 小さな不動産屋はSNSを駆使したインフルエンサービジネスが武器になっていくのかも first appeared on 不動産ブログ.

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事