入籍していない男女の住宅購入をお手伝いしたので、住宅ローン選定にていて忘備録として記す。

私自身も婚約中に共有名義で購入した経験を持つ。

スポンサーリンク

入籍していないが共有名義にしたいという場合

籍をいれている=住宅購入とう公式は必ずしもあてはまらない。

籍を入れるかどうかは、男女で様々な理由があったりもする。

まだ、婚約中の場合で、籍を入れるのはまだ先の予定だが、欲しい住宅が見つかったので、ペアローンで住宅ローンを組んで購入したい。

私が実際にこのケースで今の妻と共有名義で購入している。

私たちの場合はフラット35を利用した。

持分は2分の1ずつとしている。

 

とある事情で籍を入れないが、一緒に住んでおり、挙式もすでに行っているというケースのお客様をお手伝いした。

理由は仕事関係上など様々であったが、ここでは省略。

どうしても持分は半分ずつという要望があった。

住宅ローンの銀行探しは難航を極めた。

金消契約までに入籍が条件となるという金融機関がまあなんと多いこと。

大半がそうだった。

銀行側からみたら、住宅ローンということもあり、抵当権設定もあるため、やはり入籍した夫婦なら貸すというスタンスとなるのだろう。

話しの筋としては通っていると感じる。

結局はネットバンク系で1行OKなところがあったため、審査することに。

金利が低かったため、そのネットバンク系へトライ。

残念ながら審査通過とはならなかったため、フラット35で借りることとなった。

スポンサーリンク

フラット35であれば今のところ問題なし

まだまだ、地銀や信金も含めて探していけば、借りられるところはあるのかもしれない。

だが結局のところ、フラット35であれば今のところ全く問題なさそうである。

変動金利希望という方も、こういった状況であればフラット35を検討してみるのも手だ。

ちなみに、今現在私としては変動・固定どっちでもいいという考えではあり、そのあたりはお客様へ聞かれた場合、意見を述べるようにしている。

(長くなるのでここでは省略)

 

籍が入っていない理由は多種多様。

今後もこういったことに出会ったときのために、不動産屋として覚えておこうと思う。

The post 入籍をしていない男女が共有名義で住宅を購入する場合はフラット35などが候補になる first appeared on 不動産ブログ.

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事