コロナ禍の中、当社へ求人広告を出さないかとの営業電話が増えた。

今のところ、人を増やす気はないが、今後の不動産屋での働き方は何か変わっていくのかもしれない。

状況は見守っていこうと思う。

スポンサーリンク

不動産屋の雇用体系は変化するのか?

コロナ禍で増えた求人営業。

かかってくるのは、「求人を募集しませんか?」というもの。

この状況下で、離職した方や、もしかすると解雇されてしまったような不動産屋に勤める人たちもいるのかもしれない。

私自身も一人不動産屋として慎重にいこうと思う。

確かに、不動産屋の仕事は昨今話題となっている、テレワーク、在宅ワークとう働き方でもできるもの。

不動産業はテレワークで成り立ちそう。モチベーション問題は課題になりうる

今後は、街場の不動産屋の働き方には変化があるのだろうか?

知り合いの一人不動産屋に聞いても、やはり求人営業は増えているという。

スポンサーリンク

アフターコロナでもテレワーク化は進まないと予想

アフターコロナにはテレワークが大幅に不動産屋業界に普及するとはあまり考えていない。

結局は営業の世界で営業マンのモチベーションを保つには、出社というものが不可欠と考えている。

フルコミは別だが。

不動産営業マンは毎月数字に追われる世界。

プレッシャーは不可欠。

こういった風潮がこのコロナで大幅に働き方が変わるとは考えにくい。

だが、テレワーク、在宅ワークとの相性が良いのは事実。

私自身は弱い人間で、在宅では仕事はできない。

自分に鞭を打つことができないため。

いろいろと考えた結果、不動産屋の働き方としてはそれほど変化はなにのではないかと考える。

web管理の方などは在宅でもいいのかもしれない。

 

いずれにせよ、私は一人不動産屋、今後も当たり前のように出社し、コツコツといろいろと積み上げていこうと思う。

The post コロナ禍で不動産屋をしていると「求人募集しませんか?」の営業が増えた。今後の業界の働き方を考えてみる first appeared on 不動産ブログ.

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事