2018-1227内閣府は2018年12月21日、北方領土問題に関する世論調査の結果を発表した。それによると北方領土問題を知っている人は96.8%に達していることが分かった。ただしある程度以上の内容まで知っている人は1割強に留まっている。また今問題を何で知ったかの問いには9割の人が「テレビ・ラジオ」、7割が「新聞」と答えており、従来型メディアによる認知が圧倒的であることをうかがわせる結果が出ている(【発表リリース:平成30年度世論調査(附帯調査)】)。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事