000.jpg

1: しじみ ★ 2019/01/01(火) 00:05:54.36 ID:CAP_USER

■『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』、日本神話、考古学資料などを、総合的に統計学的手法で分析すれば、99.9%の確率で、邪馬台国は福岡県にあったことが言える。

■和辻哲郎の「邪馬台国東遷説」

白鳥庫吉(1865~1942年)は、明治期の東京帝国大学(現在の東京大学)を代表する東洋史学者であった。白鳥は1910年に発表した論文「倭女王卑弥呼考」のなかで、『魏志倭人伝』の「卑弥呼(ひみこ)」に関する記事内容と、『古事記』『日本書紀』の「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」に関する記事内容とを比較している。そして、この二つの記事内容について「その状態の酷似すること、何人もこれを否認するあたわざるべし」と述べている。

 白鳥庫吉の見解を受け継ぎ、それを「邪馬台国東遷説」という形で大きく発展させたのは、東京大学の哲学者・和辻哲郎(1889~1960年)であった。和辻哲郎の「邪馬台国東遷説」は『日本古代文化』(岩波書店、1920年刊)のなかに見える。「邪馬台国東遷説」というのは、邪馬台国は九州に存在し、のちにその勢力を受け継ぐものが東遷して「大和朝廷(やまとちょうてい)」になったとする説である。
和辻哲郎氏(1889-1960年)
 和辻哲郎や、その説を受け継ぐ人たちの「邪馬台国東遷説」の要点をまとめれば、次のようになる。

(1) 卑弥呼のことが神話化し、伝承化したものが天照大御神である。
(2) 九州にあった邪馬台国が、本州の大和に移動した。神武天皇の東征伝承は、その間の事情を伝えるものとみられる。
 和辻哲郎は述べる。『古事記』『日本書紀』の伝える「神武東征」の物語の「国家を統一する力が九州から来た」という中核は、否定しがたい伝説に基づくものであろう、と。
(3) 九州から大和へ移動した時期は、3世紀の後半から、西暦300年前後にかけてのころであろう。

■年代論的根拠

和辻哲郎の「邪馬台国東遷説」にはその後、年代的根拠がさらに詳しく与えられるようになってきている。

(中略)

■天照大御神のいた場所

「卑弥呼=天照大御神」とすれば、天照大御神のいた場所が、邪馬台国であることになる。邪馬台国についての手掛かりを『古事記』『日本書紀』のなかに、たどることができることになる。

 『古事記』『日本書紀』は天照大御神のいた場所を「高天の原(たかまのはら)」と記す。「高天の原」は、どこだろう。 

 いま『古事記』の上巻、いわゆる神話の巻を取り上げる。『古事記』上巻には「筑紫(つくし)」「日向(ひむか)」「胸形(むなかた)」など、現実的に場所の特定できる地名が現れる。その地名の統計をとる。

 その結果を図示すれば、図3のようになる。圧倒的に多いのが、「九州地方」と「山陰地方」の地名である。『古事記』の主要なテーマは「九州地方」の勢力と、大国主(おおくにぬし)の命(みよ)が治める出雲を中心とする「山陰地方」の勢力との対立図式といえる。いわゆる「出雲の国譲(くにゆず)り」伝承が中心的なテーマといえる。「高天の原」と重なり合うのは、この「九州地方」、特に北九州地方である。
3.jpg

■「平塚川添遺跡」の出現

『古事記』『日本書紀』によれば、高天の原には「天の安の河(あめのやすのかわ)」という河が流れていた。天照大御神と、その弟の須佐の男の命(すさのおのみこと)とがこの河を中において談判をしたり、神々が「天の安の河」の河原で、会議を開いたりしている。

 九州の地図をみれば、現在でも北九州のほぼ中央に「夜須」という地名がある。この北九州の「夜須」の地名は、『日本書紀』や『万葉集』では「安」の字が当てられている。

 筑後川の支流の小石原川は、「夜須川」とも呼ばれる。そして1992年に朝倉市(当時は甘木市といった)を流れる夜須川のすぐ近くから、弥生時代後期の大環濠集落跡として「平塚川添遺跡」が出現した。考古学者の佐原真氏は当時この平塚川添遺跡を「学術的には吉野ケ里に匹敵する遺跡」(朝日新聞)と述べている。

https://ironna.jp/article/4548?p=1

9: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 00:23:59.68 ID:WWtCUDMS

たった2000年前の事が分からないって不思議だよな
34: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 03:51:12.54 ID:zMSb6345

>>9
不思議でも何でもない
大和朝廷にとって都合の良い歴史をつくるために
藤原不比等が日本書紀編纂の際に他の史書類を焼き捨てた
古事記だけは残したが徹底的に改竄した
8: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 00:20:03.15 ID:hxeroKgZ

「ヤマタイ国の海を隔てた東側も、皆、倭種である」
という記載だけとっても、九州説が正しい。


if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone') > 0){
document.write('');
} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android') > 0 ) {
document.write('');
} else {
;
}

15: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 00:34:39.59 ID:8nR4cqZM

>>8
邪馬台国が大和国のことで機内にあったとするなら
伊勢湾を超えた東国も倭である と解釈できるから
その記述だけで九州説にはできないぞ
21: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 00:55:33.70 ID:IoGz5Dku

>>8
>>15
四国剣山
68: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 09:43:51.58 ID:4HBX88Le

>>8
豊後水道の東ってことは四国にも国あったんだよな。
12: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 00:28:48.16 ID:D8ENmcKW

1日たった4kmしか歩けない国民全部が臨終寸前の北九州人には
ちょっと無理なんじゃないかな?
朝からたった1時間しか作業できない体力だから 一切何もできなそうである。


if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone') > 0){
document.write('');
} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android') > 0 ) {
document.write('');
} else {
;
}

13: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 00:30:31.82 ID:zt34mBSD

邪馬台国は、宮崎県 西都原(さいとばる)で決まり。
23: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 01:12:07.27 ID:lBLCloI0

>>13
西都原だとすると卑弥呼の墓がどこかが問題かな。
それなりの規模のやつ、邪馬台国西都原説が卑弥呼の墓に比定する男狭穂塚古墳は
今のところ5世紀くらいのものと推定されていて、時代が合わない(大きさも微妙に違う)。

http://mv-mindhack2ch.up.seesaa.net/common/kijinaka.js

24: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 01:13:10.87 ID:QtNlZLi3

>>23
多分、都万神社
14: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 00:33:18.81 ID:YvTgC6Do

魏志倭人伝に記録された
邪馬台国の風習の黥面文身が
東遷すると消える合理的な理由がない

入れ墨消すのは容易ではない
魏志倭人伝の倭人と倭種の違いに注目する必要があるのでは?
邪馬台国の勢力と東遷した勢力は別だと思う


if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone') > 0){
document.write('');
} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android') > 0 ) {
document.write('');
} else {
;
}

16: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 00:36:34.55 ID:D8ENmcKW

漁師はいまでも入れ墨入れてるのが多い(ヤクザとは違う理由で入れてる)
>おじいちゃん漁師だったけど、母曰く漁師仲間はみんな刺青だらけだったらしい

渡海した役人が海辺で入れ墨文化の漁民を見るのは普通。
それ以上でも以下でもない

17: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 00:40:22.79 ID:Zt3+zOAh

九州説の方が正しいな、だまされてたわ。
25: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 01:16:17.93 ID:4n8q5/xz

卑弥呼が天照であるってのが思い込み
元々別のものであるのに勝手に関連付けてるだけ
35: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 03:57:34.41 ID:h974LQwQ

単にバカであるだけでなく
「皇統が8世紀以降なんてとんでもない」という理由だけで
むりやり畿内説を唱えて日本の歴史学考古学を破壊しまくる
自称研究者教育者のテロリストどもの終わりの始まり

おまえらこそが学問の敵なんだよ


if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone') > 0){
document.write('');
} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android') > 0 ) {
document.write('');
} else {
;
}

39: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 04:24:49.36 ID:Que2K32g

問題は九州とか畿内とかじゃなくて邪馬台国=ヤマト政権だったら空白の三世紀が埋まること。
それが半島の捏造された歴史に、致命的な影響を与えるから必死で別物にしたいだけ。
だから学会で畿内説が定説化してるのに、必死で九州を推してる。
畿内説なら記紀の記述を裏付けするのと、ほぼ同義なんだよ。
要は九州説は、日本の歴史の連続性に対する分断工作
41: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 04:45:51.44 ID:QtNlZLi3

>>39
邪馬台国と大和朝廷を結びつけるところが間違ってる
と思うよ
そもそも、邪馬台国の読み方が間違ってる
49: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 06:36:47.07 ID:Fg+n23kT

九州か山陰のどっちかだろう
九州から東征して後に移動か
邪馬台国が出雲に逃れて結果大和勢に討たれたか
50: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 07:01:37.32 ID:Nb5BM0xn

十分な情報が無いんだから保留が正解なのに
歴史学ってのはわからないものを適当に想像で埋めて
物語を作ることを当たり前のようにやる


if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone') > 0){
document.write('');
} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android') > 0 ) {
document.write('');
} else {
;
}

55: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 07:37:10.33 ID:tdyKcc0J

ヤマタイ国の名前が
どこから来たと聞かれて
「山たい」(山ですの九州弁)とこたえたからと言うのを信じてる
57: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 08:23:13.86 ID:qaujno4x

卑弥呼の後を継いだ台与は”トヨ”と読む つまり台はトと読める
となると 邪馬台国 の読みは ヤマト国 となる

これ常識

64: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 09:34:44.89 ID:JYH77FfQ

縄文末期の日本の人口は10万人程度
ほとんどは関東東北に集中
西日本の人口は1万人以下

弥生人は朝鮮半島南部から無人の原野に入植してきた開拓民

69: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 09:46:09.49 ID:SwwfA+wx

ヤマト国=邪馬台国は畿内で確定だろ
北九州から勢力を伸ばした現皇室の祖先がそれを吸収合併して大王に
統治上の都合から伝承神話や祖霊のたぐいも悪魔合体
だから初期天皇は時系列がおかしいし記録も薄い


if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone') > 0){
document.write('');
} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android') > 0 ) {
document.write('');
} else {
;
}

72: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 09:56:27.79 ID:SwwfA+wx

九州の勢力が畿内まで支配を伸ばせた理由は
福岡あたりを起点に鉄器へのアクセスが東国より早かったためだったろと思う
戦では鉄と青銅は勝負にならないくらいの差がある
78: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 10:10:23.00 ID:JYH77FfQ

3世紀の畿内はアメリカの開拓時代のゴールドラッシュに沸く西部みたいなフロンティア
日本各地から一攫千金狙って流れ着いた有象無象の山師が跳梁跋扈してたんだろう

そこで頭角を現したのが天皇家
元々は九州で食い詰めた貧乏豪族だった可能性が高い
水銀の鉱脈が枯れたから東に移ったという説がある

103: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 10:57:40.28 ID:JYH77FfQ

移民や乞食が1代で莫大な富を築く例は少なくない
劉邦とか秀吉とかアメリカの石油王とか例はいくらでもある

天皇家の場合にはハプスブルグや北条家辺りのイメージが近いと思ってる
田舎で食い詰めた貧乏豪族が開拓時代の畿内で一山当てて成り上がったんだろう

105: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 11:00:59.09 ID:qaujno4x

東アジア世界で有名な女王卑弥呼の記述が記紀にないはずがないだろう 
卑弥呼はアマテラスだよ


if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone') > 0){
document.write('');
} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android') > 0 ) {
document.write('');
} else {
;
}

110: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 11:20:23.80 ID:kpjXU2Tc

>>105
言語学会から既に、卑弥呼ではなく日巫女もしくは日御子ではないかと指摘されてる。
108: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 11:07:15.14 ID:JYH77FfQ

3世紀の畿内はフロンティアだからな
アメリカの開拓時代の西部と同じで、いろんなチャンスが転がっていたんだろう

九州は水稲耕作では数百年先行していたが、すぐに畿内に追い越された

115: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 11:27:10.25 ID:qaujno4x

皇室の宗廟であり八幡宮総本山でもある宇佐神宮の主神が比売大神
これこそ皇室の祖神であるアマテラス=卑弥呼であり神殿のある岡は卑弥呼の墓との伝説がある
事実、昭和改築の際に神殿の横の巨木の下に巨棺が埋められているのが確認されている
 
 
45: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/01/01(火) 05:36:56.52 ID:fA6yRI5E

東遷説が平和でいいじゃない
どっちかに決める必要ないわ
九州にも機内にもあったでええわ


if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone') > 0){
document.write('');
} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android') > 0 ) {
document.write('');
} else {
;
}

http://mv-mindhack2ch.up.seesaa.net/common/kijisita.js

元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1546268754/

Source: 思考ちゃんねる

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事