2020-0912ソニー生命保険は2020年9月11日、シニア(50-79歳対象)に対する生活意識の調査結果を発表した。それによると調査対象母集団において、スマートフォンでもっとも多くの人が日頃行っている事柄(使っている機能)はメールだった。2/3強の人がスマートフォンでは日頃からメールを利用している。次いで通話、インターネット検索、ニュース閲覧、天気予報と続いている。LINEなどのメッセージアプリは5割近くの人が日頃から使っている(【シニアの生活意識調査2020】)。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事