2020-1001国税庁は2019年9月30日に【令和元年分民間給与実態統計調査結果について】を発表した。それによると2019年12月末日時点の給与所得(給料+手当+賞与)者は5989.7万人となった。また同年の平均給与は436万4000円となり、前年比でマイナス1.0%・金額で4万3000円の減少を示すことになった。今回は過去の取得可能なデータ分も含め、いくつかのグラフを作成し、状況の確認を行う。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事