一人不動産屋として、投信信託というものに初挑戦。

未来に自分の運用過程を見返すために記録していく。

超ミニマムでの開始。

スポンサーリンク

楽天証券とSBI証券で投資信託S&P500を運用

はじめようと思ったきっかけは、楽天ポイントとTポイントで投資信託を購入できると知ったから。

楽天市場は利用しているし、ドラッグストアではTポイントがたまっていた。

それを買い物で使うよりも、無かったことして運用に回したほうがいいと考えたため。

IPO投資ように両方の証券口座はすでに持っていたため、すぐにスタート。

TポイントはSBIに全ツッコミ(といっても微々たるもの)。

楽天証券では、楽天市場のスーパーポイントアッププログラム対策として、毎月500円は楽天カード決済でS&P500を購入する設定に。

と、非常にミニマムな買い方。

投資信託については素人のため、知識もない。

そのため、勉強がてら、時間もあるため購入していく。

基本的には複利運用で再投資型を選択で放置しておくスタイル。

ゆくゆく見返すことができるようにこの記録を開始。

 

スポンサーリンク

2020年10月8日:保有状況

楽天証券

SBI証券

非常にミニマムだが、こつこつ開始して放置で超長期で継続していけたらいい。

開始から1ヵ月程だが、ポイントを獲得するゲーム感覚のようなものが生まれた。

以前は妻にドラッグストアでの買い物を頼まれても嫌な感じが正直あった。

だが、今は率先して少し歩いてポイントを獲得している。

会社からはドラッグストアはすぐ近く。

ポイント10倍の日を狙って行ったりも当たり前のようにするようになった。

楽天市場での自分の消耗品のネット注文についてもスーパーポイントアッププログラムを利用を使うようにした。

今まで存在は知っていたが、スルーして自分のタイミング注文してたが、結構変わるものなのだと知った。

楽天ポイントについては、楽天FXで利用できない。

FXでのスワップ優先のため、ポイントは楽天カードの請求に充当予定。

【再開】FXスワップ運用。トルコリラ円をレバレッジ1倍でコツコツ積立開始

そして、その同額をFX口座に入金していこうと思う。

当面の間はそうしていく予定。

自分自身の新たな一面も発見しつつ、今後も細かく買い増していき、記録していく。

The post 2020年 投資信託 運用記録|楽天証券とSBI証券でS&P500(楽天ポイントとTポイント利用) first appeared on 不動産ブログ.

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事