不動産屋をしていると三為業者とやりとりをすることもある。

一人不動産屋の私は今のところ取引経験はないのだが。

スポンサーリンク

三為業者は営業力があるのであろう

私自身も売買仲介・仕入れとやってきたので、三為業者とやり取りはしたことはある。

今のところ、まだ取引経験はなし。

彼ら三為業者は実力はあるのだと思う。

そうでなければ、契約をまとめることはできないと思う。

 

以前、弊社に物件情報をくれた三為業者は業者物件(土地)をそのまま三為で弊社で買わないか?という提案であった。

当社の力不足もあり、そこまで融資が出ないが、初見から三為ありきでこちらへ紹介というのも正直すごいなと思う。

私としては畑違いのような不動産人生を歩んできたので、こういった紹介の仕方は今後もできないであろう。

 

また、不動産投資の世界でも三為業者は多く存在する。

どちらかと言えば、この世界のほうが多くいるであろう。

以前も、ワンルームのオーナーチェンジをあずかり、レインズに載せたところ、複数の三為業者から電話があった。

「中間省略は可能か?」というのは、お決まりの質問。

既にセミナーやwebなどで顧客は確保している会社が多いよう。

もはや、在庫がいくらあっても足りないという。

私としてはそういった業界で働いたこともなく、知り合いもいないが、正直凄いなと思う。

どう考えても営業力はあるであろう。

業者の利益をとりつつも、販売をする。

融資付けも行う。

会社としては仲介手数料ではなく、単純に物件価格が売り上げとなり、決算書にはのることになる。

買う側のメリットとしては、業者から購入するため瑕疵担保責任(契約不適合責任)を享受できるということになる。

仕入れから、販売。

一人で行うのであれば、皆実力はすごそうだなと想像する。

(中には騙し的な営業マンや会社もあるのであろうが、それは置いておいて)

 

スポンサーリンク

三為はやらない不動産人生となりそう

仕入れをやっていたので、まれに、三為でも知り合いの仕入れ業者に購入してもらっても互いに利益がでる案件というのもあるのは事実。

(まあ、なかなかないのだが)

そういったことが、今後の不動産人生の中で、私の元に起これば、検討はするかもしれない。

もちろん、三方良しのような状況となることが前提としたい。

売主・当社・買主。

 

だが、実際に売主のことを考えると三為での成約というのは、私は腰が引けてしまう。

これまでの経験でノウハウなどももちろんなく、今後もノウハウを取得しようとは思わない。

やはり、不動産売買は売主あってのこと。

そこが起点となる。

例えば私を信頼してくれている個人の方から物件を預かり、それを三為で利幅を取り、流すというのはなにか負に落ちない。

もちろん、売主納得いく価格となれば別だが、そういったケースはほぼ想定できない。

取引自体の全体の構図が不動産屋としてみえてしまうため、やはり少し後ろめたい気になってしまう。

甘いと言われるかしれないが、そう考えていこうと思う。

ないとは思うが、いずれこういいった考え方は変化するかもしれない。

だが、変化をしそうになった時はもう一度この記事を自分で読みにこようと思う。

The post 三為業者になれない理由は不動産屋として取引全体の中身を知っているがゆえ first appeared on 不動産ブログ.

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事