2020-1226最近の交通事情で高齢者の事故とともによく見聞きするのが、あおり運転。【JAFの解説ページ】によるとあおり運転を「妨害運転」と定義された上で、「他の車両等の通行を妨害する目的で、一定の違反を行った場合」とし、その具体的なものとして「通行区分違反」「急ブレーキ禁止違反」「車間距離不保持」「進路変更禁止違反」「追越し違反」「減光等義務違反」「警音器使用制限違反」「安全運転義務違反」「最低速度違反(高速自動車国道)」「高速自動車国道等駐停車違反」の10類型の違反行為を挙げている。今回はソニー損害保険が2020年12月14日付で発表した、カーライフの実態に関する調査結果の最新版となる2020年版を基に、あおり運転対策としてのドライブレコーダーについて見ていくことにする。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事