スポンサーリンク

【体験談】平屋の費用は割高で広い土地も必要!?あきらめかけていたところ…(広島県東広島市30歳男性)

2017年に土地(約100坪)を購入、注文住宅(平屋30坪)を建築

 

妻と私は27歳の時同棲を始め、結婚しました。

当初は借家を借りて生活していましたが家賃を払っても結局は家が自分のたちのものにはならないという不満から同棲から約1年後に、家を建てるのに動き出しました。

私たち夫婦は家作りをするテーマとして「平屋の家」というテーマを掲げていました。

それは

  • 子供が小さいうちは階段等がない方が安心だと思ったこと。
  • 双方の実家が2階建ての家を建てていたものの今はほぼ1階部分しか使用していないこと。
  • そして私たち夫婦が年を取ったときに階段がない家の方が暮らして行きやすいだろう

と思ったことが要因です。

 

まずはハウスメーカーを回ることから始めました。テレビのCMで聞いたことがあるようなところ。

また友人やお義兄さん夫婦が建てたハウスメーカーなど最初はとりあえず回ってみるというのを実践していました。

 

しかしそこで問題となってきたのが、「平屋」の家を建てられるハウスメーカーが少ないということ。

語弊がありましたが、どのハウスメーカーも建てられるのは建てられるのですが、営業の方から言われるのは

  • 「2階建て住宅の方が土地が少なくてすむ」
  • 「平屋だとある程度大きな土地がいるのでなかなかそのような土地がない」
  • 「平屋は割高になるので良くない」
  • 「2階建て住宅の方がコストで考えると賢い」

だとかの2階建て住宅を勧めてくる声ばかり。

私たち夫婦としても2人なりに考えて平屋という考えだったのですが何件回っても聞こえてくるのはそのような平屋に否定的な言葉ばかりでした。

またコスト面のことを言われると素人の私たちは2階建て住宅の方がいいのではという考えも浮かんできていました。

 

そんな中今まで避けていた名前を聞いたことがない工務店に足を運び、いつものように「平屋」での注文住宅を考えている旨を伝えると

「平屋いいですね」

「うちでも実績としては少ないですがぜひやりましょう」

という言葉を営業の方が言ってくださいました。

ある程度の要望を伝え、数日後には平屋だと必要になる大きな土地も何件も見つけてくださったり。(もちろん予算内の土地)

また不安だったコスト面についても、

「値段を同じにしようとすれば建坪事態は2階建て住宅よりも狭くなりますが、階段が来るスペース等分狭くなるだけなので暮らしていく分には問題ない。」

と言ってくださり、私たちは当初のテーマ通り「平屋の家」での注文住宅計画をすすめることが出来ました。

 

後からその工務店を調べると私たちが知らないだけで全国展開している大手メーカーということが分かりました。

当初のように自分たちの知っているところだけを回っていると確実に出会えなかった縁です。

逆にもっと早くに自分の知らないところにも回ることをしなかったのは「失敗」だったなと思います。

 

スポンサーリンク

知らないハウスメーカー・工務店にも足をのばすべき

注文住宅を初めて作っていこうとしていく中で、私たち夫婦もそうでしたが、何からしたらいいのか、どうしたらいいのかというのが一番にあると思います。

私たち夫婦のようにCM等で名前を知っているハウスメーカー、知り合いが実際に建てたハウスメーカーに行くだとか。

しかし知らないメーカーや工務店だからといって行かない。興味を持たないというのはもったいないと思います

実際私たちは理想の家を諦めかけていて、縁があり理想の家を追えるようになりました。(今現在その理想の家に住んでいます。)

アドバイス出来るとすれば、展示場などでもともかくいろんな家を見てみる。

工務店などの話もしっかりと聞くために足を運ぶことがとても大事だと思います。

 

【関連】

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事