スポンサーリンク

【体験談】冬になってリビングイン階段が原因で寒いと知ることに…(埼玉県30代女性)

2016年に注文住宅を建築

注文住宅だったため、建売物件とは違い、自分たちが住みたい家づくりを1からできたので、満足していることもとても多いのですが・・・

そんな中で、一番失敗したなと思うことを述べようと思います。

 

それは、リビング階段に扉をつけなかったことです。

家の間取りを考えていく中で、「家族が必ず1日1回は顔を合わせる時間を作りたい!」というのが家づくりにおいて一番大きなテーマだったので、1番最初の段階では、吹き抜けのある家づくりを目指していました。

しかし、家の構造上、吹き抜けのある家づくりは難しいことがわかり、吹き抜けは断念。

・注文住宅でリビングダイニングを吹き抜けにしてわかった3つのデメリット

 

そこで、吹き抜けほどの空間は作れなくても、リビング階段だけでも実現させようということで我が家にリビング階段を取り込みました。

リビング階段は、外から帰ってきても必ずリビングを通る同線になっているので、子どもたちとも必ず顔を合わせることができているし、私たちが目指していた大きなテーマは達成できていて、やはりリビング階段は取り入れてよかったなと思っています。

 

しかし!!!!!

冬になると・・・

寒い!!!!

とにかく、寒い!!!!

2階からの冷気が1階のリビングにおりてきてしまい、いくら部屋をあたためてもあたためても寒い!!!

 

これにはとても困りました。

2階からの冷気を遮るために、階段にロールスクリーンやカーテンを設置してみたところ、何もないよりはよかったなと思えましたが、やはり少しの隙間からの冷気を完全に遮ることはできませんでした。

 

スポンサーリンク

友達の家ではリビングイン階段にドアがついていた。ドア無しは寒いということは知っておくべきだった

そんな中、先日お友達の家に遊びに行かせてもらったところ、そちらのお宅では、リビング階段に扉が設置してありました。

その扉があるおかげで、2階からの冷気は完全にシャットダウンできていてお部屋が暖かい!!!

お友達の話では、やはり扉があるとないとでは部屋の暖まり方が全然違うとのことでした。

扉1枚あるとないとではこんなにも違うのかと改めて気づかされました。

 

我が家は、今から扉を設置するとなるととても大掛かりな作業になってしまうため、今はカーテンで2階からの冷気を遮っていますが、扉を付ければよかったなととても後悔しています。

リビング階段はとてもいい!!

ですが、リビング階段を検討中の方は、ぜひ寒さ対策も考えた上で取り入れるといいと思います。

 

【関連】

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事