スポンサーリンク

【体験談】シンク下に食器意をしまおうとしたらたくさんの蟻が!!!(神奈川県20代女性)

2018年妊娠を期に中古リノベーション住宅を購入しました。

値段も理想通りで建物自体も、ドアや扉などは前のまま張り替えたり塗り替えて使っているのですが水回りやフローリングがとても綺麗で即決しました。

引っ越し荷物も片付き一段落したところで時期よりも少し遅れた台風がやって来ました。

 

その次の日から朝起きて台所に立つと小さい蟻が1匹2匹。

はじめは山が近くにあることもあり「たまたま入ってきてしまったのかな?」と潰してそのままにしていたのですが、それから日を追うごとに5匹10匹とうとう行列を作っていました。

気持ち悪くて蟻の発生源をたどろうとシンク下の扉を開けました。

まだ食器棚が届いていなかったため食器を透明トレーにいれて収納していたのでそれを全部どかすと、蟻の死骸がわらわらと出てきました。

どうやら排水パイプと床の接地面、コーキング剤ではなくアルミホイル?のようなものが巻かれているだけでその隙間から蟻が入り込んでしまっているようでした。

中古物件ということで「気になるところは遠慮なく言ってください」と売り主さんからも言われていたため、購入前もよく確認していたのですが、シンク下までは気にしていませんでした。

 

スポンサーリンク

シンク下の蟻の原因は台風。中古物件では購入前に細かいところもチェックしておくべきだと痛感

駆除業者を頼むか悩んだり、ホームセンターで蟻を巣ごと駆除する薬剤を買ったりしたのですがよくよく考えたらまだ購入から3ヶ月。

すぐに不動産会社に電話し、売主(リフォーム業者)に連絡を取ってもらいました。

翌々日に施工担当の方と白蟻の保険なども入っていたので蟻駆除の業者の方が来てくれました。

シンク下はもちろん床下も調べてもらった結果、蟻は普通の蟻で巣もありませんでした。

「台風の影響で蟻が飛ばされて来た可能性があって、最近蟻の相談が多いです」とのことでした。

施工担当の方に隙間から入ってきてしまっていることを伝えてどうにかなりますか?と聞いたところ、「白蟻でないので駆除はできませんが、隙間をコーキング剤で埋めさせてもらいます」と言ってくれました。

蟻の死骸を綺麗に片付けて隙間もきっちり埋めてもらい「何かあったらまた教えて下さい」といって帰っていきました。

 

あれから蟻が出ることはありませんし食器棚も無事に届きました。

購入したのは中古物件なので少し作りが雑だったり傷があるのはわかっていたので、ドアや窓の開きなども気を付けて見ていたのですが見えるところだけではなくて細かいところも見ておけば良かったと思います。

また何か気になるところがあれば買って数年は売主が面倒を見てくれる場合があるので、自分で業者を呼んだり対処せずに相談してみるといいかもしれません。

中古物件は綺麗にしてても前の物を再利用していたりするので、注意が必要ですね。

 

【関連】

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事