2019-0123田中貴金属は2019年1月22日、同社における2018年通期(1月から12月)の投資用金地金、プラチナ地金の販売量と買取量の数値などを発表した。その内容によれば金価格はドル高の進行とともに下落を続け、年平均の日本国内小売価格は前年比で33円安の4543円/グラムとなった。また(田中貴金属側による)金の販売量は増加し前年比で35.7%の増となった。金の買取量は20.7%減少している(【田中貴金属公式サイト】)。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事