2019-0113外務省は2018年12月28日付で、アメリカ合衆国における対日世論調査の結果を発表した。その内容によれば調査対象母集団では日米安全保障条約(日米安保)に対し、一般人は7割近く、有識者は9割近くの人が維持すべきだと考えていることが分かった。また日米安保が日本・極東の平和・安定へ貢献していると考えている人は8割台、アメリカ合衆国自身の安全保障にとっても重要と考えている人の割合は9割台の値を示している(【発表リリース:平成29年度海外対日世論調査】)。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事