スポンサーリンク

【体験談】頭金100万円で家を購入(千葉県30代男性)

2012年に中古住宅を購入

 

住宅を買う際に必要になるお金は物件にもよりますが、3,000万円を超えるのが平均的では無いでしょうか。

そんなわけで、一般的なサラリーマンは頭金を入れて、残りの残金を住宅ローンという形で月々借りた銀行に返すのが普通です。

返済するにあたり、金額には元金と利息というものが存在するので、実際借りた金額よりも遙かに多く利息を払う必要があります。

つまり、頭金を多く払っておけば利息の金額を抑えることが出来ます。

このようなことで、1,000万円を貯めたら家を買えなどと、週刊誌などでは謳われているのです。

 

しかしながら、私が住宅を買ったときに入れた頭金は、100万円と住宅を購入するのにはかなりの少額でした。

ちなみに、購入した物件は土地建物付きの中古住宅で3,100万円と、千葉から少し奥へ行った場所にも関わらず、立地が良い分、かなり高い金額だと思います。

それにも関わらず、先ほども言いましたが、頭金を100万円しか払いませんでした。

と言うよりは、100万円しか払うことが出来ませんでした。

どういう事かというと、それまで賃貸に住んでいて家賃と駐車場で月々90,000円を支払っていましたが、契約更新をするかの判断になったときに、今まで払っていた200万円程が無駄に感じ、分譲住宅を買うことを決意し、物件を見ていたところでした。

そこで、3件目で出会ったのが今の家だったのですが、元々お金があるから家を探していたわけでは無く、月々の支払いを減らしたかった、家賃を払うなら自分の家の支払いにしたかったという思いが強かっただけに、即決してしまいました。

つまり、ほぼお金が無いのに不動産を購入してしまったことになります。

 

また、その頭金として払える限界値が100万円と、かなり少額となってしまいました。

そうすると結果的には、月々の支払いは7万円程度に減額はしましたが、それでもまだまだ高額で、ボーナス払い込みや35年ローンなどを駆使して、やっと融資をしてもらうことができました。

 

スポンサーリンク

結論として頭金は100万円じゃ少ないと思います

家などの高額な不動産を購入するときは、目先の利益を考えるのでは無く、長期的に支払いの目処が立つ様になってから買うなど、購入時期をしっかりと精査する必要があります。

また、頭金が1,000万円などのある程度高額資金が見込めるようになってから、物件を購入することをお勧めします。

むしろ、頭金を100万円などしか払えないのであれば、購入を見送る必要もあるかと思います。

頭金が少なければ、月々の支払額や利息が高額になってしまうことは、誰の目から見ても分かることです。

しっかりとした人生設計をしてからでも遅くは無いと思いますので、家のような人生で一回のようなものは、買う前に考える事が必要だと感じました。

また、現在ローンの借り換えやボーナス払いを止めることを検討しております。

これは、しっかりと頭金を入れておけば、起こる可能性が限りなくゼロに近かったはずですので、それだけ頭金の額というのは大事だという事です。

千葉県30代男性

【関連】頭金200万でマイホームを買って後悔した理由

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事