スポンサーリンク

【体験談】外構のアプローチ部分は石貼りにした理由(東京都30代後半男性)

東京23区外に注文住宅を建てました。

中古マンションに住んでいましたが、2人目の子供が生まれ手狭に感じてきたので、中堅ハウスメーカーで注文住宅を建てました。

ハウスメーカーからはお抱えの外構業者を勧められていましたが、最近は外構をハウスメーカーに依頼せず、住宅が完成してから自分で探してきた外構業者に頼む場合も多いことを知り、他の外構業者も検討してみることにしました。

 

とはいえ、まずはハウスメーカーお勧めの外構業者の施工事例を確認してみました。

色々な施工事例を見てみると実績を積んでいるだけあって確かに雰囲気の良い外構に仕上がっていました。

具体的には植栽をメインにしたナチュラル系の外構でした。念のためハウスメーカーの担当者に聞いてみると、確かに植栽がその外構業者の売りということでした。

ただ、我々が外構に求める大きなポイントの1つとしてメンテナンスに手間暇がかからないというものがありました。

その観点からいうと、植栽をメインにした外構の場合、

  1. 季節ごとの植栽の手入れが大変
  2. 季節によっては虫が発生しやすい
  3. 年数が経つと木によっては大きく成長してしまい邪魔になる

といったデメリットがあると思い、植栽が得意なハウスメーカーお勧めの外構業者はお断りしました。

上のようなデメリットを極力少なくするために、我が家では植栽はせず、道路から玄関までのアプローチ部分は石を貼り、駐車場はコンクリート、庭はタイルにすることにしました。

特に石張りならおしゃれですし、ユッカやオリーブを植木鉢に入れてワンポイントで配置すれば植栽の代わりになるので、外構の雰囲気が柔らかくなります。

 

スポンサーリンク

石貼りを含めた外構費用は170万円程。結果は満足!

我が家の施工の中で最も外構業者の差が出ると考えられたのは石貼りです。

そのため、外構業者を選ぶ際、石貼りが上手に出来る業者を探しました。

最終的には、

  1. 大きめの石を使っている
  2. 石と石の目地が狭く均一
  3. 好みの材質、色の石を扱っている

という観点から外構業者を決め、満足のいく石張りをしてもらうことが出来ました。

施工費用もハウスメーカーの外構業者に頼むよりも安く出来ました。

約50平方メートルの面積を外構業者に施工してもらいましたが、掛かった費用は170万円程度で済んだので、石張りにした割には安く仕上げることが出来ました。

東京都30代後半男性

【関連】

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事