2019-0205最近ではむしろ携帯電話といえば従来型携帯電話を指し、スマートフォンは携帯電話とは別の存在との認識・表現が多々用いられているが、スマートフォンも携帯電話の一種であることに違いは無い。携帯電話の普及では日本の先を行くアメリカ合衆国でも、携帯電話はセルフォンで、その様態の一つとしてスマートフォンが存在すると認識されている。それでは同国の携帯電話所有者における、スマートフォンの所有率はどのような実情なのだろうか。同国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年4月30日に発表した調査結果報告書【Declining Majority of Online Adults Say the Internet Has Been Good for Society】の付属データから確認していく。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事