スポンサーリンク

【体験談】28歳で35年ローンのマイホーム計画を打ち出した(神奈川県20代男性)

2018年に建売物件を購入

私は28才の時、結婚3年目にして住宅購入をしました。子供はまだおらず共働きです。

私たちが家を購入するにあたりまず検討したのは今家を購入する時期かどうか。

その時期はアメリカ大統領選やアベノミクス、増税など経済が不安定なニュースが飛び交ってる頃で、住宅ローン減税がどうなるか、消費税がどうなるか、金利が上向くのではないかと様々な要因がわからない時期でした。

結局私たちはわからないなら今買っておくべきと判断し購入をすることとしました。そこで妻の実家に近い神奈川の5000万の物件に目をつけました。

 

いざ購入というところで、やはりその金額の大きさに躊躇ってしまうもの。住宅ローンには借入限度額があり、年収の約7倍程度。返済可能額は年収の25%など様々な数字が踊ります。

では私たちの住宅ローンの返済可能額も年収の25%なのか?と大きな疑問が湧いてきました。

年収の25%としているのはどんな生活水準の人なのか。大部分を車のローンや豪華な食事などの生活費、心配だからとかけすぎた保険料、子供の人数。様々な生活パターンの人がいます。

同じ年収の人が同じ生活をしているわけがないんじゃないかと思いました。

年齢は何歳を想定しているのか。40歳で年収500万と28歳で年収500万とでは返済期間も変わるしこれからの給与の伸びも違います。

そこで私たちは私たち独自の方法で住宅ローン返済のための35カ年計画を立てました。

 

スポンサーリンク

私たちの「マイホーム35カ年計画」

まず私たちが行なったのは現状の収入と支出のバランスシート作り。一般的な支出の項目はインターネット上に結構あります。その中には当然現在の家賃も追加します。

その後に自分の数ヶ月分の支出に関し各項目を埋めて粗方の月平均支出の金額を決めていきます。収入に関しては去年及び前々年くらいの年収を参考に手取りを見ていきます。

35カ年計画には年ごとの年収、手取りを用いて、さらに細かいバランスシート作成には月当たりの平均給与と手取りを算出しておきます。

さらにボーナスも年いくらもらっているのか確認しておきます。

当然ローンで購入すればその住宅ローンを完済しなければなりません。どれだけ欲しい家でも高過ぎればその代金を支払えなくなることもあります。

なのでこれを切り詰めればなんとかなるといった逆算的な考えはせず、基本的にはこれにはこれだけの金額が必要と残った金額で購入できるか判断していきます。

あとは何年後くらいに子供が欲しいか、車が欲しいかなど大きな支出がある場合に票を入れていきます。

車に関しても車種を指定すればランニングコスト平均くらい出てきますし、子供の養育費や学費なんかも出るので年平均にして計算していきます。

 

私たちは結果的に5000万円の家を購入できると判断し購入に至りました。

その過程で保険料がかけすぎてはないかや月々の小遣い、毎年の旅費をどうするかを話し合って決めていきました。

家の購入はかなり大きな買い物です。慎重に時には大きな判断が必要と思います。

その判断材料として感覚ではなく数字に落とし込むのも必要ではないでしょうか。

神奈川県20代男性

【関連】住宅ローンを借りすぎた私の経験から学んでほしいこと

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事