スポンサーリンク

【体験談】独立した洗面所の床は無垢に。でも子供の手洗いでシミが…(愛知県30代女性)

愛知県に在住の30代女性で、現在は夫と2歳の子どもを育てる専業主婦です。

2016年に妊娠が発覚し、出産後は賃貸のアパートが手狭になることから、マイホーム購入を決意し、2017年に念願のマイホームを建てました。

我が家は地元の工務店で建てた注文住宅になりますが、その経験から家を建てた後に気づいた失敗談についてお話できたらと思います。

 

私が、工務店でマイホームを建設し、失敗したなと感じていることは、洗面所の床材を無垢の床材にしてしまったことです。

キッチンや、お風呂場脱衣所は、油や水滴による無垢床へのシミがあらかじめ予測できたため、あえて床材を無垢ではなく、クッションフロアにしました。

しかし、洗面所はお風呂の脱衣所と独立していたことや、リビングから見える位置にあったことからリビングとの一体感を出すために無垢床のままにしていました。

しかし、子どもが2歳と小さいこともあり、洗面所で手を洗ったりうがいをすると必ず水をまき散らしてしまい、いつの間にか床は水滴によるシミ汚れが目立ってくるようになりました。

 

スポンサーリンク

お子さんがいるなら洗面床の無垢使用には注意を

我が家の無垢床はオイル塗装をしているため、多少の水滴であればすぐに拭けばシミになることはないのですが、小さな子どもがいると、なかなかそうもいかず、拭き忘れや拭き残しがあり、シミが増えていってしまいました。

そのため、小さなお子さんのいるご家庭で、水回りで無垢床を選択する場合は注意が必要です。

我が家は、しばらくの間は洗面台の下に足ふきマットのようなラグを敷き、少しでも水滴が直接落ちないように対策をとっているとともに、毎日頻繁に行う手洗いは、子どもが小さいうちはどれだけ手を振ってもシミの影響のないクッションフロアを選択したキッチンのシンクで行うようにしました。

無垢床である以上、傷やよごれ、シミはつきものであり、それが味にもなりますが、やはり合板フローリングよりは注意が必要となるため、汚れやシミを気にする方は、水回りの床材の選択はより慎重に考えられることをおすすめします。

愛知県30代女性

【関連】

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事