78本誌記者に、籠池諄子被告(62)から、涙声の電話がかかってきたのは、6日の0時ごろのこと。「主人のお母さんがさきほど亡くなりました」・・

続きを読む

Source: 銃とバッジは置いていけ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事