スポンサーリンク

【体験談】ハウスメーカーで決めかけていたが、最終的には地場の小さい工務店でマイホーム新築(栃木県30代男性)

2018年に新築住宅を建築

 

夢のマイホーム。私たち夫婦の希望は大きく膨らみました。

一生に一度の買い物と考え決めたのが注文住宅。夢が膨らみ住宅購入に関する知識などは人並み以下しかなく不安でしたが、それ以上の夢と希望の中でマイホーム計画がスタート。

そんな不安を解消して完成まで導いてくれるのが、ハウスメーカー。私たちも2ヶ月ほどかけてさまざまな展示場にあるほとんどのメーカーさんを見学したり営業の方から話を聞いたりしました。

 

豪華な展示場を見学し絶対ハウスメーカーで注文住宅!と決意を固め、打ち合わせを進める中で残ったのがA社、B社、C社。それぞれと打ち合わせを進めていこうと考えました。

A社は一番希望に近い家を建ててくれそうなメーカーでしたが、ただ高額。B社はローコストメーカーで妥協できる範囲の家を実現できそう。誰もが知る有名メーカーのC社の三択。

打ち合わせ重ねていくとそれぞれのメーカーの良し悪しがわかってきます。提案力のあるA社、提案力は本当にないが価格で推してくるB社、営業さんの対応がとても良いC社。

3社と打ち合わせをするのはとても大変で休みの日はほとんど打ち合わせがあるような状態で体力的にも精神的にも疲弊していきました。

A社の提案は私たちの理想に近いのですが、価格はB社が優勢。C社にはお断りを入れてA社B社の一騎打ちとなっていきました。

 

A社の担当者が契約を急かし、B社の担当者は肝心な契約の話もせず長々とプラン作成と、A社の都合もあって、あと1週間ほどで契約するかを決定する期日が近づき(期日を設定されるのはあまり納得がいかない)もうA社でいいかと考えていた時、以前友人に勧められた地元のD工務店を思い出し、参考までに話を聞いてみました。

このメーカーで建てたい!と決めかねていたのだと思います。

D工務店さんは華やかなモデルハウスもない小さな工務店でしたがとても親切でやりたかったことが実現できる上、価格も予算内。

ここで建てたい!と即決できるところに初めて出会うことが出来ました。

さらに、さまざまなハウスメーカーさんでのお気に入りの点を同じでなくとも同等レベルのものを実現していただいてとても満足度の高いマイホームをつくることが出来ました。

 

スポンサーリンク

地元の小さい工務店も候補にいれてみては

ハウスメーカーの営業さんは言います「うちのメーカー独自です」と本当にこの言葉には迷わされました。

確かにその言葉に偽りはないのですが、他でも同じレベルの事が可能な場合がほとんどだと思います。

私たちは最後の最後に出会ったところで運良くD工務店さんに出会うことができました。

マイホームづくりは疲れます。ただ、良い納得のいくハウスメーカーさん工務店さんに出会えれば必ず満足のいく家がつくれると思います。

栃木県30代男性

【関連】

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事