新築注文住宅を建てる方へ。

ベランダ(バルコニー)の設計で後悔しないために、一つの失敗談をご紹介します。

 

スポンサーリンク

【体験談】友人宅の工夫が施されたベランダなどをみて、我が家の新築注文住宅での後悔がつのった…

兵庫県30代男性

2013年に注文住宅を建築

 

新築戸建てを注文住宅にて購入しましたが、2階に良く設置されるベランダについて、下調べを十分せず、安易に考えすぎていたことからの失敗談をご説明致します。

注文住宅プランニングの際、ハウスメーカーからもベランダについての説明や顧客体験談について語られることも無かったため、単に洗濯物を干すことができれば良い、としか考えておりませんでした。

 

ベランダについて深く考えずに設計してしまった

しかし実際に住み始めて感じたのは、例えば雨が降った次の日にはベランダの汚れが激しかったり、秋口にもなると、季節特有の虫(カメムシ等)が発生するため、ベランダにおける清潔感のキープが簡単なことでは無い、ということに気づきました。

洗濯物を干すにしても、風が強かったりすると、洗濯物がベランダ上に落ちてくるケースもあり、ベランダの汚れ残りから、落ちた洗濯物への汚れの転移も発生し、ベランダを安易に考えすぎてはいけないことを認識しました。

 

また、洗濯機が1階にあるケースが多いと思いますが、2階にしかベランダが無いため、結果的に大量の洗濯物を持って2階に上がる必要があります。

購入当時独身だったこともあり、深く考えること無く、2階のベランダで洗濯物を干すことができれば良い、という安易な考えでしたが、購入後結婚して実際に洗濯を妻に任せることになってから指摘されて初めて理解しました。

 

スポンサーリンク

友人の家のベランダ(洗濯物含む)には工夫がみられた

注文住宅購入し、実際に住み始めてから、別の知人の家に行った際に見つけたのですが、2階にベランダを設置する際、ベランダに水道蛇口を付けておられました。

水道蛇口の目的を聞いたところ、知人が注文したハウスメーカーからの推奨で、2階ベランダに水道蛇口を置くことで、ベランダの掃除がしやすくなる上、2階の掃除等で水が必要になった際、1階から水をわざわざ持ち上がる必要が無いから設置したとのことでした。

※関連:ベランダの水栓が子育てにここまで役立つとは!!

また、知人宅は2階のベランダだけでなく、住宅密集地域ということも有り、1階軒下に狭い洗濯物を干すスペースを確保しており、1階には通常の服を、2階には下着等プライバシー度の高い洗濯物を干すという使い分けをしている、ということを知りました。

 

注文住宅では自身での調査も大切

ハウスメーカーによってはアドバイスの仕方や、細かいお客様の声が十分に届いていないケースもあります。

注文住宅購入の際は、是非知人宅を多く訪問するなり、家の様々な部分についてインターネット等で情報収集をしてみることも必要かと思います。

 

【関連】

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事