2018-1104ソーシャルメディアは気軽に多数の人の意見や情報を取得できる回転寿司的な存在であり、その特性を利用したbot(Robotが由来。機械的に情報を生成し、定められた仕組みに従って情報を公開する自動プログラム)もまた、人に成りすまして情報を流していく。botによって情報が自動生成・配信される仕組みそのものは使い方次第で有益なものとなることもあれば、人をかどわかし混乱に陥れる悪しき存在ともなりうる。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年10月15日に発表した調査結果【Social Media Bots Draw Public’s Attention and Concern】を基に、同国の人達がどれほどまでにソーシャルメディア上のbotを認識しているか、その実情を確認する。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事