スポンサーリンク

【体験談】家を買うなら周辺の環境・施設、室内の明るさの確認はマストです!

兵庫県30代女性

2016年に建売住宅を購入

 

体験してわかった事なんですが、内覧したその日に不動産屋さんに契約させられそうになった事がありました。

早く契約を取りたかったのかもしれませんが、さすがに契約せずにちゃんと考えて見送る事にしました。

危うく買いたくない物件を買ってしまいそうになったので、そんな経験からマイホーム購入において気をつけた方がいい点についてお話しようと思います。

 

周辺環境・施設の確認をすべし

不動産屋で物件を選ぶ時、予算内で調べてもらいますが少し予算よりも高い物件を内覧する事もあります。

もちろん少し高いのがいい物件である事も多く、目移りしてしまいますが、ここは予算に合わせて見ましょう。一生の問題なので私は高望みはおすすめ出来ません。

激安物件を紹介された場合はまず立地を確認します。近くの道路の交通量は多いのかどうか、多ければ時間帯によって毎回渋滞する可能性もあり通勤時間帯などにとても困ります。

近くに幼稚園や学校があるかも大切です。一見良さそうですが一生住む場所なので騒音問題は考えていた方がいいでしょう。

学校だと通学時間や部活など子供が集まっているので結構うるさいかもしれません。

 

次に見る所は周辺の環境です。不審者注意の看板が設置されていたら要注意した方がいいでしょう。

普段からその周辺に出てる可能性が大きいので特にお子さんがいらっしゃる方はやめておいた方がいいかもしれません。

周辺に居酒屋があると閉店時間も遅く飲んで騒ぐお客さんもいるかもしれません。

後は買い物施設や医療施設に行きやすい場所かどうかも大切です、日頃の生活にはかかせないので遠かったりすると毎日大変です。

田舎の方だと土地代が安く激安物件を見かけるのですが、やはり生活をする為に家を探しているわけなので、私は激安でもガソリン代もかかるし生活しにくいのは無理だったのでやめました。

 

内覧時に明るさを確認すべし

次は激安物件の内覧の注意点を話したいと思います。

それは間取りと明るさなのですが、まず間取りが少し変わっていて家事動線が悪くてデザインだけが凝っている感じ。

狭いのに今風の階段にしてあり、デザイナーが関わっている物件は見た目がかっこよくても使い勝手が悪く、どこに洗濯物干すの?など違和感を感じることがありました。

明るさも大事で、1度見に行った物件は薄暗くなんだか居るだけで気持ち悪くなってきた所がありました。昼間でも暗い所はずっと電気をつけなければなりません。

 

今すぐ契約されるならもっと下げれるように交渉しますっという言葉に乗せられると後で後悔するかもしれませんので、冷静に判断して下さい。

 

【関連】

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事