注文住宅を建てるにあたり、「対面式キッチン(カウンターキッチン)にするか?壁付けキッチンにするか?」と迷われていいる家族に、一つの参考として頂きたい体験談です。

 

スポンサーリンク

【体験談】対面式キッチンを採用!生活してみて壁付きキッチンのメリットも感じているのも事実

愛知県40女性

2008年に土地を購入して注文住宅を建築

 

当然家づくりは初めてでしたので、土地購入が決まってすぐに住宅展示場にリサーチしに行きました。

どんな間取りにしようと夢は膨らむばかりです。せっかく注文住宅で建てるのだから、特にLDKはお洒落に使いやすくしたいとこだわりを持っていました。

主人も同じ考えでしたので、特にLDKのレイアウトやデザインには注目していました。

 

対面式のキッチンも魅力に魅かれた

さまざまな住宅展示場を見学していると、ほとんどのキッチンが対面式でした。開放的な空間はとても魅力的でした。

案内してくれた営業さんから、「小さいお子様がいるご家庭なら、キッチンで食事の準備をしているときも、お子様の姿が見えますよ。」当時子供は4才で、まだまだ目が離せません。

家事をするときのことを考え、我が家は対面式のキッチンにしようと決めました。

 

壁付きキッチンと迷うも対面式に決めた

担当してくれた設計士さんにも対面式のキッチンを希望しました。ところが、対面式のキッチンでは思っていたほど収納が取れていません。

さらに部屋の真ん中ににあるため手元が暗そうです。ダイニングへの配膳も一度キッチンカウンターに置き、ダイニング側へ回り込み食事を並べるということになります。

リビングダイニングからキッチンへの通路も一ヶ所しかありません。

家事動線が気になっていた時、こちらの方が家事動線は良いですよと、設計士さんか提案してくれた別案は外壁側に設置するキッチンを提案してもらいました。

確かにこれならキッチンの正面に窓が取れます。壁目となっているため、壁面収納も取りやすいです。振り返れはダイニングテーブルがあり、食事の盛り付けや配膳も楽そうです。

ただし、リビングは見えづらく、リビングのテレビも見えない位置になりました。

どちらにしようか迷いに迷った結果、子供のことを考えて対面式のキッチンにしました。

 

スポンサーリンク

キッチンは対面式か壁付きか?長い付き合いになるのでじっくり検討を

子供の成長は早いもので、もう中学校。朝から朝食の準備や主人と子供のお弁当作りなど同時にたくさんの作業をするようになりました。

そうなると我が家の一般的な大きさのキッチンでは作業スペースやお弁当箱を広げるところが足りません。結果ダイニングテーブルで盛り付けするハメになっています。

生活スタイルや家族構成により様々ですが、対面式のキッチンは不便に感じることもあります。

長く使うところですので、10年後、20年後の生活スタイルを考えてキッチンプランを決めた方が良いと思います。

 

【関連】

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事