2018-1117厚生労働省は2018年11月16日、2018年度(平成30年度、2018年4月1日から2019年3月31日)における大学や短期大学、高等専門学校、専修学校の新卒者就職状況に関する最新調査結果を公開した。その発表資料によれば2018年10月1日(9月末)時点の大学卒業者の就職内定率(就職希望者に対する就職内定者の割合)は77.0%となり、昨年同時期と比べ1.8%ポイントの増加(改善)が見られたことが明らかになった(【平成30年度大学等卒業予定者の就職内定状況(10月1日現在)を公表します 大学生の就職内定率は77.0%と、調査開始以降同時期で過去最高】)。これは同時期におけるデータが取得可能な1996年3月末卒業者以降の記録の中では、2018年3月末卒業者が2017年9月末時点で計上した75.2%を超え、もっとも高い値となる。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事