2019-0731厚生労働省は2019年7月30日付で同省公式サイトにて、2018年分の簡易生命表の概況を発表した。そのリリースには日本の最新(2018年)の平均寿命をはじめ、各種平均余命など多彩なデータが公開されている。今回はその中から特筆事項として掲載されていた、特定の死因を除去した場合に平均余命がどれだけ伸びるかについての、前年2017年分との差を算出した「平均寿命の前年との差に対する死因別寄与年数」にスポットライトを当てることにする。日本の医療環境の整備や公衆衛生の成果と、高齢化社会の実態がおぼろげながらも見える結果となっている(【発表リリース:平成30年簡易生命表の概況】)。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事