2018-1117社団法人日本雑誌協会が2018年11月12日付で発表した、「印刷証明付き部数」の最新データ(2018年7-9月分)を基に、多様なジャンルにわたり、各種雑誌の部数動向を精査し、個々の雑誌だけで無くそれぞれのジャンルのすう勢を精査している。今回は一連の記事の締めくくりとして、小学生向け、さらには幼稚園児向け雑誌の部数動向を確認していく。少子化やメディアの多様化に伴い市場の縮小が危惧される中で、これらの雑誌の部数動向はいかなる動きを示しているのだろうか。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事