マイホーム新築(注文住宅)では、洗濯物を干す場所を設計の打ち合わせ段階からしっかり考えておかなければマズイということがわかる体験談です。

 

スポンサーリンク

【体験談】洗濯を干す場所はベランダと思ってたが干せない!?反省点の多くなってしまった新築注文住宅

奈良県30代主婦

2010年に注文住宅を建築

 

主人と私、小学生の子ども2人の4人家族です。

これから家を新築される方、洗濯物はどこに干す予定ですか?

間取りや収納スペースなどのことはしっかりと考える方が多いと思うのですが、洗濯物干し場のことはあまり深く考えていないのではないでしょうか?

こういう私自身がそうでした。

我が家はなんとなく「洗濯物は2階のベランダへ干すもの」と思っていました。

間取りの打ち合わせの時も「洗濯物干し場」の話題は1回も出てこなかったので、考えたこともありませんでした。

 

ベランダに物干し竿を取り付けられない!?オプションだった!(驚)

家が完成して、実際に生活が始まるとさっそく困った問題が起こりました。

竿は?どこに挿せばいいの?

何となく当然2階のベランダに竿を通す金具が付いていると思っていたのに、何も付いていませんでした。オプションだったみたいです。

担当の営業マンの方もそのことを何も言ってくれてなかったので、本当に困りました。

 

取り敢えずよくある地面に置くタイプの物干し竿スタンドをホームセンターで購入して置いてみました。

ところが2階のベランダは結構強風が吹くので、そのたびにスタンドごと倒れてしまうことも・・・

 

室内干しができる空間も必要だった!(汗)

しばらくして後回しにしていた外構工事をすることになりました。

この際、テラスに洗濯干し場を作ってもらおうと思いました。テラスに屋根を付けて、そこへ竿を通す金具を設置してもらったのです。

これで少々の雨も大丈夫だし、強風で竿が倒れることなく安心して干せると思ったのですが・・・

 

またしても問題が発生しました。

大雨の日や、花粉が気になる季節はどうするのかという問題です。

つまり、部屋干しのスペースまで考えていなかったのです。

天気が悪い日が続けば、当然洗濯物が乾かずにどんどん溜まってしまいます。

部屋の中にも一時的に洗濯物を干しておく場所は必要なのです。

仕方なくリビングに室内干し専用のスタンドを立てて、干したりしていますが、家族4人分の洗濯物は多いですし、景観も悪くなって何とかしたいなと思っています。

※関連

 

スポンサーリンク

新築では初期段階から洗濯物を干す場所をしっかりと考え、間取りに落とし込むべき

忘れがちな洗濯物干し場の確保は、間取りの計画段階からしっかりと確認しておく必要があったなと思っています。

最近では、洗濯物干し専用のサンルームを設けたり、脱衣所に洗濯干し場を確保したりする家庭が増えてきているようです。

ライフスタイルの変化で、外干しよりも室内干しの方が多くなってきているのですね。

※関連:室内の洗濯物干しスペースは共働き夫婦に必須空間!!

 

これから新築される方の参考になればと思います。

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事