チェーンストア(スーパーマーケットやデパートなど)の業界団体である【日本チェーンストア協会】は2018年11月21日付で同協会公式サイトにおいて、チェーンストアの2018年10月度分販売統計速報(月報)を発表した。その内容によると2018年10月は食料品では相場高の影響で農産品が順調だったものの衣料品の下げを穴埋めできず、売上総額の前年同月比はマイナス0.7%(店舗調整後)を示す形となった(【同協会内発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事