スポンサーリンク

【体験談】大阪の新築タワーマンションをリーマンショック後に購入!今でも満足!

大阪市40代男性

 

世の中はリーマンショックの余波を受けていた

2008年に大阪市内のターミナル駅から徒歩5分程の場所に建つ新築分譲タワーマンションを購入しました。

購入したきっかけは、当時、私の年齢が30代後半と言うこともあって住宅ローンを組むならギリギリ働いている間に返済出来る年齢かと思い購入に向けて動き始めました。

しかし、同時にその頃、リーマンショックの影響などで世の中は大変景気も悪く暗い感じでしたので、このような時に住宅購入などして大丈夫なのか?と言う不安もありました。

ですが逆に考え、これだけ景気が悪い時の方がこれ以上悪くなっても後はしれていると思うことにしました。

 

タワーマンションは魅力的。購入!

物件を探していると大阪市内のタワーマンションの広告を目にしてモデルルーム行ってみると、豪華なロビーや共有の設備など、当時は今ほどタワーマンションの数が少なかったせいかとても魅力的に感じてすぐに購入したくなり、その場で商談を始めてしまいました。

一応その後も色々な物件を検討しましたが、やはりタワーマンションの魅力に勝る物件はなかった為、購入を決定しました。

 

住んでみて

部屋はやはり角部屋が良かったので北西向きの高層階の角部屋にしました。

なぜ北西向きかと言うと夏場に天神祭の花火や淀川の花火が部屋から見えたりするのでその方向にしましたが、西向きと言う点で夏場の夕方はカーテンを閉めていないと、とても暑いです。

●関連:花火大会目当てで買ったマイホーム用の土地。すぐに花火はなくなった…

しかし夜になると風が通ってバルコニーに出ると暑さを感じないくらいです。

 

不便な点で言えば、入居当時は高層階のため携帯の電波状況が大変悪く困りました。

今ではそれも改善されて通話も途切れることなくでき、外部の音も都心でありながら窓を閉めればとても静かで問題ありませんでした。

●関連:「タワーマンションに住んでみて」千葉県30代男性の正直な感想

 

スポンサーリンク

妥協せずライフスタイルにあったマイホームを

購入前はとても不安になる事も有りましたが、このマンションを購入して良かったと思いました。

住宅は長い時間過ごす場所ですし、安い買い物ではないので、あまり妥協しないで自分のライフスタイルに合った物件を購入すればとても快適な生活が送れると感じました。

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事