スポンサーリンク

【体験談】最終的に建売購入。物件の探し方で感じた相性の重要性

神奈川県30代女性

2017年8月に新築建売住宅を購入

 

子供が生まれるのをきっかけに、今の賃貸アパートでは暮らせないということがわかり、どちらにしろ引っ越さなくてはいけないのであれば、家を買おうということになりました。

でも、私たちどちらとも家を買ったことなどなかったので、右も左もわかりませんでした。

 

まずは銀行へ

とりあえず購入には、予算を決定しなくてはという結論にいたり、住宅ローンを扱っている近所の銀行に相談をしに行きました。

私はすでに妊婦で仕事を辞めていたので、夫の給料で審査してもらい、おおよそ借りれるであろうという金額を教えてもらえました。

その時率直に思ったのは、意外とたくさん借りれるもんなんだなという感想でした。

「でも待って、私たちはすでに30代半ば。なのに35年ローンを組んで35年かけてこの金額を返したら、もう定年すぎてるって。」
定年を過ぎているのに、もちろん今のように住宅ローンを返せるわけはありません。

●関連:【年収別】フラット35でいくら借りれるのか

 

ファイナンシャルプランナーに相談

なので次に、ファイナンシャルプランナーが開催している住宅ローンセミナーに参加しました。

私たちにとっては、これがとても役に立ちました。

家を買うのに、全て住宅ローンだけで賄うのは理想的ではないので、引越し代や家具など買うことも含めて、いくらくらい頭金として持っておいた方がいいか、またその時の情勢によっての家の値段の動き方、住宅ローンをどれくらい借りられるか資産設計をすることなどを教えてくれました。

そこは不動産屋さん兼ファイナンシャルプランナーが在中しており、資産設計をしてくれたので、自分たちが本当に無理なく返せる金額を知ることができました。

ここでわかったのは、今の銀行の状況としては、借りる人を一人でも増やしたいので、会社勤めであれば返せる金額より多めに貸してくれるということ。

また借りれる金額より、返せる金額を知ることが重要だということでした。

●関連:自身の経験から住宅ローンをマックスで借りない方がいいという意見(30代男性)

 

ハウジングセンターへ

予算がわかったところで、家探しを開始しました。

家の探し方もわからなかったので、家がたくさん並んでいるのをみるハウジングセンターに行けばいいんじゃないかと思い、早速そこへ。

でも実際に行ってすぐわかったのですが、家が立派すぎるんです。

大手ハウスメーカーがあらゆるオプションをつけて作ったモデルハウスは高い、しまった間違えたと思ったのですが、もう店員さんにつかまったあとで、手遅れでした。

アンケートに予算を記入すると、店員さんは無言、来て早々帰りたいと言えずこちらも目が泳ぐという奇妙な時間を過ごし、最後にこのモデルハウスがいくらか教えてもらうと、とりあえずこの家はすごいねと言いまくって、そそくさとハウジングセンターを後にしました。

失敗です。ハウジングセンターは注文住宅にしたい人のところで、土地も持っていない私たちが行くようなところではありませんでした。

この時初めて、注文住宅より土地と建物がセットになっている建売住宅の方が安いのを知りました。

●関連:【基本】建売は注文住宅より安い

 

不動産屋さんへ

今度は建売住宅を目指して、不動産屋さんを頼ることにしました。

夫の友達で以前お家を買った人がいて、その方から不動産屋さんを紹介してもらいました。

他の不動産屋さんもまわったのですが、お友達の紹介の不動産屋さんは最高でした。

私たちの予算や何を求めているかを伝えると、何が非現実的か指摘してもらえたし、何しろ紹介してもらったお家が、全く私たちが欲しくない家というのがなかったからです。

他の不動産屋さんでは、崖の上とか、パチンコ屋の隣とか、何かしら絶対無理ポイントがある家の紹介ばかりで、もう私たちの予算で家探しは無理なんじゃないかと諦めていたところでした。

でもその担当者は、ちゃんと聞いた上でダメそうなところは排除して家を勧めてくれたので、あの絶望感から一転、候補となる家を探すことができました。

 

スポンサーリンク

物件の探し方は重要。相性も考えよう

このことから、不動産屋さんに行って、全く自分の気にいる家が見つからなかったら、ほかも当たってみるといいと思いました。

やはり人なので合う、合わないがどうしてもあります。

その担当者のセンスもあるので、違うと思ったら思い切ってほかのお店もあたってみることが重要です。

あとは、家探しが長引いて絶望的な気分になっても、それは絶対自分たちの糧になっていると信じること。

例えば気にいる駅の雰囲気とか、絶対嫌だと思う環境、家は見に行けば行くほど自分たちの中で明確になって行きます。

ある程度そういった経験を経ると、自分たちの理想の家に巡り会えるんだと思いました。

この体験が役立てばと思います。

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事