スポンサーリンク

【体験談】駅近マンションに引っ越し後に知った。この地域はガラが悪い?

兵庫県40代女性

 

新婚から数年暮らしていた社宅の賃料が社内規定により賃料が上がるため、2007年に新築マンションを購入しました。

当方は夫婦2人暮らしなのであまり何も考えず、夫に転勤があった場合に売却可能な駅に近くて便利な場所にあることだけを基準として探し、たまたま条件に合ったマンションを即決しました。

徒歩圏内に病院や買い物する場所、銀行もあり、マンションなのでエントランスから家までエレベーターで上がることができます。

私が育った場所は田舎だったので、かなり便利な環境に満足してます。

駅に近い割には静かで過ごしやすいと思っています。

●関連:駅近マンションの資産価値。購入して実感!

 

ガラの悪い地域!?

けれど縁があって近所の小学校に出入りしていると、なんだか子供たちの様子が違います。

私の思う小学生ではなく。落ち着きがなく、小学生らしくない、と思いました。

私が育った山と緑に囲まれ、メダカを取ったり蛍を見たりできるような環境と、通学路の途中にゲームセンターがあるような環境では、同じはずがありません。

そこに一緒に出入りしていた地元の人たちに話を伺うと、この辺りの土地柄で、電車の沿線により生活が違うらしいのです。

こちらの小学校区のある場所は、その中でも一番ガラの悪い場所である、と教えていただきました。

確かに、電車に乗っている人たちの様子も、悪い事をするわけではないのに落ち着きがなく、出かけるような恰好ではないと思うような服装の方も見られます。

●関連:物件の下見では街中の注意看板や通学児童の様子を自分の目で見よ

 

子供ができたら売却も検討

子どもを育てる環境になくても、歳をとってから大人二人が過ごすには、便利な場所が一番だと思っているので、迷いました。

それで夫の両親の家はわが家と変わらない程度の環境で暮らしているものの、エレベーターのない団地の上の方に家があるため、子どもができたら夫の両親と家を入れ替える、などと提案したくらいです。

その後も子供はできずにいるため、失敗とはならずに暮らしていますが、もしできていたらきっとこちらに住み続けてはいないと思います。

●関連:子供が出来る前にマイホームを購入する時の注意点。売却した我が家より

 

スポンサーリンク

マイホーム購入では地域の情報収集必須

こういった失敗を防ぐためには、不動産会社はその物件の良いところしか話してくれていない可能性があります。

なので購入予定の家の周辺を歩き回ってごみの出し方を見たり、住んでいる人の話を聞いてからの方が良いと思います。

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事