2018-1122財団法人新聞通信調査会は2018年11月21日、メディアに関する全国世論調査の2018年度版を発表した。その内容によれば調査対象母集団においては、直近2018年度でもっとも信頼度の高い主要メディアはNHKテレビとなり、100点満点で70.8点の信頼度を得ていることが分かった。次いで新聞、民放テレビ、ラジオ、インターネット、雑誌の順となっている。2008年度の調査開始以来、どのメディアもおおよそ信頼度は減少する傾向にあり、特に震災の影響を受けた2011年度以降、いくつかのメディアでは大きな減少が生じていたが、ここ1、2年度では複数のメディアで下げ止まり、回復する動きを示している(【発表リリース:第10回メディアに関する世論調査結果】)。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事