2019-1202厚生労働省は2019年11月28日、2018年分となる人口動態統計(確定数)の結果を発表した。それによると2018年における乳児(生後1年未満)の死亡率は1000人比で1.9となり、該当数は1748人であることが分かった。今回はこれらの値を基に、乳児の死亡率推移などについて中長期的な動向も含め、精査していくことにする(【発表ページ:平成30年(2018)人口動態統計(確定数)の概況)】)。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事