2019-1121チェーンストア(スーパーマーケットやデパートなど)の業界団体である【日本チェーンストア協会】は2019年12月20日付で同協会公式サイトにおいて、チェーンストアの2019年11月度分販売統計速報(月報)を発表した。その内容によると2019年11月は平年よりも気温が高めで推移したことで季節物の動きが鈍く、食料品・衣料品・住関品ともに苦戦し、結果として売上総額の前年同月比はマイナス1.4%(店舗調整後)を示す形となった(【同協会内発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む

Source: ガベージニュース

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事