スポンサーリンク

【体験談】注文住宅でマイホームの憧れをかなえるには優先順位が非常に重要

大阪府30代女性

 

2015年に大手ハウスメーカーでマイホームを購入しました(注文住宅)。

夫婦共々インテリアが好きで、夢のマイホームということもあり、好きな雑誌やインターネットから、好みのインテリア写真等を集めてスクラップブックを作成し、こういう家にしたいという想いを伝えるために営業さんに渡して打ち合わせを進めていました。

契約前は営業さんもノリノリで、こんな家を作りましょうと言いながら前向きに進められそうだったのですが、契約後は当初の予算よりもどんどん金額が上がってしまい、結局はいろんな部分を妥協したところで予算内にとどめ、家を完成させました。

 

希望を建物に落とし込めなかった

そもそも契約時に、見積書の内容をきっちりと確認し、どこまで入っているのかを明確にした上で調印すれば良かったのですが、契約書についているのはシンプルな図面のみで、今思うともっとチェックしていれば良かったと思います。

最終的にお金を使った所はというと、外壁や屋根瓦などのメンテナンス上グレードアップをした方が良いと勧められた部材ばかりで、憧れていた無垢のフローリングや、天井に木を貼る計画など、多数のインテリアに対するこだわりを諦めました。

 

いざ住み始めると、家具や家電にもお金がかかりますし、子供たちもおりますので、後から追加工事をしようと考えていた貯金目標にも届きそうにないと感じています。

 

台風被害にて

そして今年悲惨な出来事がありました。

大型の台風が大阪を直撃し、重大な被害をもたらしました。私たちの家も台風のコースに入っていたのですが、外装に関してはグレードアップもしていましたし、購入時にかなり頑丈だという説明を受けていたためたかをくくっていました。

しかし、結果は瓦が数枚破損してしまうという被害に遭ってしまいました。メーカーの担当者に連絡をするも、同様の被害が多く出ているらしく対応も中々してくれませんでした。

幸い火災保険で修理ができるということがわかったため、急な出費は無かったのですが、保険会社に提出するために必要だった見積書も対応が遅く、補修の目処もまだたっていません。

もしかすると、外装をグレードアップしたからこの程度の被害で済んだのかもしれませんが、結局補修をするのであれば、インテリアの方にお金を使っていれば良かったとも考えてしまいます。

 

注文住宅では優先順位が重要

皆さんもこれから家づくりをする中で、必ず選択を迫られると思います。

ご夫婦で話し合い、確かな優先順位を決めて、夢のマイホームを後悔のないように計画してください。

 

【関連】

Source: マイホーム購入体験談

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事